今期折り返し地点の、バラエティボイスサンプル

モードクラスの熊倉です。今期の自分の課題の一つは「バラエティ原稿を読むスタイルを何かひとつは掴む!」です。

前の期のコアクラスでは、バラエティ原稿が配布されただけで頭の中が「うぎゃ~~」となって、いったいどう読めばいいのか、声に出してみるとハチャメチャでした。

今期、あおい洋一郎先生、田子千尋先生、大江戸よし々先生(贅沢な講師陣!)によるバラエティのレッスンで、いただいたご指摘やアドバイスの一つ一つに向き合って、自分とも向き合って、ぶつかりながら手探りで、気づけば今週末が今期折り返し地点......

現時点ではどんな読みを提案できるだろうか?

それは、ほかの人も聞いて面白いのだろうか?

とにかく、形にしてみたい!

そんな気持ちから、昨日(6/27)、バラエティのボイスサンプルを作ってみました。

収録して下さったのは堀場亮佑先生。話をしながら、堀場先生の柔らかい雰囲気にだんだんリラックスしてきて、でも、程よい緊張感を保って臨むことができました。

収録中、堀場先生から学ぶことがたくさん!

自分ではとても意外だった響きの落差、上から目線の語尾、サンプル間の違いを出すためのイメージの置き方などなど。サンプルづくりが目的ではありましたが、堀場先生のディレクションに応えようとする自分がいて、それがまた成長の時間になったと思います。

とはいえ、持っているものしか出せないのですが、現時点の自分で出せるものを出せた(いえ、引き出していただいた)、バラエティサンプルとなりました。

折り返し地点の達成感。

堀場先生ありがとうございました。

スタジオ見学で得た実感

アドバンスクラスの村石です。
先週、田子千尋先生による「池の水ぜんぶ抜く」の本編MAを見学させていただきました。

ナレーションを読むのは田子先生なのに、見学というだけで勝手に緊張していたのですが、いろいろな想像が渦巻く頭の中に対して、現場で行われていることはシンプルでした。原稿ができて、ナレーションを収録し、映像をチェックして…みんながオンエアに向けて最善かつ最短距離を粛々と歩む、という感じでした。
MAといえばオンエア前の最後の山場でしょうし、大変な時間がかかるのでは…と勝手に思っていたのですが、1時間半足らずで終了してしまったので、そのスピードにも驚きました。田子先生と制作陣の方々との信頼関係が、滞りのない収録に結びついているのだなぁと感じました。

また、私は今回のスタジオ見学で、これまでバーズで教えてもらったたくさんのことを、実感を伴ったものとして再度学習できたように思います。
例えば、ネクストで受けた田子先生の授業では、原稿に書いてあるタイムのみを注視するのではなく映像に合わせたベストなタイミングで読むことや、映像によって読むスピードや間を調整することなど、とても具体的なアドバイスがありました。
当然のことすぎて書くのも恐縮ですが、今回の現場で、田子先生はそれらを全て実践されていました。それを生で見て、私は改めて半年前の授業を思い出し、本当の意味で田子先生の授業内容を理解したような気がしました。

私は、授業を受けていた当時は上記したようなアドバイスについて、「自分は理解している」と思っていたし、なんなら、指摘されたことがうまくできないときは「理解してはいるが、技術が伴わないからできない」のだと思っていました。でも、実は本当の意味ではわかっていなかったんだと思います。
理解とは、実感を伴うことだと思います。いかに田子先生が現場に即したことを仰っていたのか、いかにそれが、最前線で実用的な話だったのか。田子先生の授業だけでなく他の先生方が仰っていることも、全て最前線の現場で、先生方自身が日々実践し模索していることだったんだと、スタジオ見学を通して実感したのです。

こうして文章にすると、自分の意識があまりにも低かったことを露呈しているようで恥ずかしいですが…しかし、重要なことに気づく機会を与えてもらって良かったと思います。
田子先生、有難うございました!

2018年前半を振り返って

アドバンスクラスの村椿です。
2018年もあっという間に半分が終わろうとしています。
この半年間は、気づきの半年間でした。

2018年はじめにスタジオバーズでボイスサンプルを作りました。
今回は現状を知る為のサンプルにしようと決め、スポーツを入れさせていただきました。
スポーツは、とてもハードルが高く感じ、正直なところ避けていた分野でした。
結果、とても悔いの残るサンプルに。
避けていたのですから、いいものが出来るわけもなく、この結果は至極当然でした。

その結果を受け、スポーツナレーションセミナーに参加することに。
逸見先生・目黒先生・新井先生・桑原先生という、第一線で活躍されている講師の方ばかりでした。
そして、ナレーションの中の『スポーツナレーション』という括りの中で、こんなにも個々に視点が違うのかと、驚きの連発。
スポーツナレーションとはなんだろう?
熱すぎたり、押し付けがましくない、自分の読みはどんなものだろう?
サンプルを作り、セミナーに参加しなければ考えなかったかもしれません。

4月からは、アドバンスクラス。
今更聞けないと思っていたものや、業界の話し、営業について等、毎週気づきの連続。
先週は、田子先生の収録見学にも行きました。
第一線のナレーターさんが、どんな風にスタジオ収録に臨んでいるかを垣間見ることが出来ました。
先ず、田子先生がいない時のスタジオと、田子先生がいらっしゃった時のスタジオの空気が全く違いました。
スタジオが一気に明るくなり、場は田子先生の空気に。
原稿をその場でチェックし、全く噛むこともなく、時には文章の直しのアドバイスをしたり、楽しい雰囲気の中、収録が終わりました。 田子先生には、収録が終わった後も色々と質問をさせてもらえ、疑問を残さずにすみました。
その後、本編の放送を観て、あの時の読みがこんな風にのるのかと納得したり、だからあの時こう読んだのかと気づくことも出来ました。 貴重な機会を設けていただき、関係者の皆様・田子先生には感謝ばかりです。

アドバンスクラスも残り3カ月。
一日一日を大切にし、何をすべきか、何が足りないのか。
2018年後半は、今一度ナレーターとしての自分と向き合いたいと思います。

春12期アドバンスクラス 村椿

あおい先生のスタジオ見学

こんにちは。アドバンスの岩居由希子です。スタジオ見学について書かせていただきます。

私は、あおい洋一郎先生の「沸騰ワード10」の見学に行かせていただきました。

・信頼関係

スタジオに入ってまず感じたのは、あおい先生とスタッフの皆さんとの信頼関係です。

この日の収録はVが三本でしたが、ロケ班チームの入れ替わりがあっても落ち着いた混乱のない雰囲気、スタッフの方々の気配りであおい先生がすんなりと仕事に入っていける環境が整えられていると思いました。

スタッフとコミュニケーションを、とは他の講師の方もおっしゃることですがこういうことなのであろうと思います。

また、この人数の信頼を勝ち得るあおい先生に素直に「さすがだ!」と思いました。

・原稿チェック

あおい先生は原稿(二本分)を受け取るとほんの10分弱でチェックを済ませ、収録が始まりました。あとで原稿を見せていただき、あの短い時間でしたのに終わりまでマメなチェックが入っていて驚きました。

原稿のめくりのすぐあと何秒にNAがある、NAとNAの間の秒数の記述もあり、これらは基本的に記しておくものなのだと(なぜか)安心しました。収録中のあおい先生は上半身が動いてこれにも(なぜか)安心しました。安心したのは何故?と考えたのですが、レッスン中に見聞きしたことは本当にトッププレーヤーもやっていると確認できたからだと思います。

レッスン内で言われたことは意識してちゃんとやろう!と改めて思いました。

・メンタル

Vが三本あるとそれぞれの原稿の書き方、読みの訂正が入る「こだわりどころ」、収録中のスタッフさんの会話など微妙ですが違いを感じ、臨機応変という言葉が浮かびました。でもナレーターは一人っきりだし、精神的に自立してないと務まらない、その場に押しつぶされずにやり切れるか…わが身に置き換えて想像するとやはり不安になります。心の筋トレがまだだと分かりました。

スタジオ見学を終えて、現場でのコミュニケーション・原稿チェック時間の短縮・メンタルトレーニングを意識して実践しようと思いました。やっているつもりにならないように客観視を心掛けたいです。

あおい洋一郎先生、スタッフの皆さまに心から感謝申し上げます。

又、つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Windows 10 版のメールから送信

坦々と報道番組

『たんたん』というワードに『余計なものをそぎ落とす?』から何故か『余計なものは入れない パスコの超熟』というCMが浮かんだこりん星です。

よしいさんのたんたんと報道。

『たんたん』といわれると…(冒頭の閃きは置いといて)なにもしない、力が入りすぎない、バラエティの読み方と真逆で、修飾語を立てつつもロボットのような抑揚のないイメージ?

でしたが、

・「なにもしない」というわけではない

・最低限伝える(スピードや緩急などある)

・バラエティのようにハネない(でほしい)

・女優さんの読む語りのような

・アナウンサー的に読む…ではない

とのこと。

報道はとてもオカタイイメージでしたが、言葉(拡大会談、1対1会談など)に囚われている部分が強かったんだなと感じました。

また、客観的な声にするには高い声が適していると教わりましたが、現場ではプロデューサーに低い声を求められたり、マイクの性能によっては高くしないとならないなどの要求や状況もあり、コピーをする上でとても参考になりました。

ブランディング(アドバンス)8回目!

連続投稿失礼致します。

おはようございます。
春12期モード(ネクスト)、ブランディング(アドバンス)のばね扶美です。

ブランディング(アドバンス)8回目のレッスンは、義村学長のメンタルです。

レッスンを受けてから、ネガティブになりやすいので、呼吸暗示でネガティブを一緒に吐き出すやり方ではなく、練習する時前向きになれるように前向きな感想や思った事を声に出して言うようにしております。 上手くできなくて嫌になってきても、何かしらはできた所があるのではないかと探せるようになってきました。
音に集中するリラックスの方法は、私の場合は一回気になりだすと、1つの音がずっと気になってしまい注意力散漫になってしまいそうです。
ですが、逸見さんのレッスンでアドバイスいただいた、フラットで読む時は他の事考えながらやれば良いのでは?との事だったので、フラットで読みたい時に周りの音を気にしてやってみるのもアリだなと思いました。

ゾーンってどんなものだろうか?と考えてみても、ゾーンに入った事がない身からするとよくわからない。
基本的に集中力がないので、集中の仕方すらもよくわからない気がします。
少し前に“胎内巡り”へ行って来たのですが、一点の光も無く、自分の足音と息づかいだけが聴こえる状態で暗闇をただ歩くだけですが、かなり集中していたように思います。 しかし1つのことに集中するのではなく、周りの全てを感じ取りつつ前に進むという事に適度に集中する事ができていました。
今考えるとあれがゾーンに入っている状態だったのではと思います。
何事も経験してみるべきですね!

「ストレスがあるから今日は上手くいく」は本当に前向きになれる言葉だと思います。
毎日この言葉を頭の片隅に置き、メンタル鍛えつつ前に進んで行きます!

ばね扶美(ふみ)

モード(ネクスト)8回目!

おはようございます。
春12期モード(ネクスト)、ブランディング(アドバンス)のばね扶美です。

モード(ネクスト)8回目のレッスンは、逸見先生のフラット&ウィスパーです。

以前逸見先生のウィスパーのレッスンでは、全くウィスパーにもならずただ何もせず暗く読んでいるだけになってしまっていましたが、今回はかなり前進!した気がします。 しかし、前回に引き続きまだ「この感じ」というモヤっとしたものなので本当にもどかしい。
以前受けた時は、姿勢を正し、原稿を両手で持ち良く見えるようにし、小さい声だからと口をしっかりと開けていた記憶があります。 今回は逆に、無駄に良い姿勢にしようとせず、原稿は見える程度に遠くに置き、口をあまり開かないというのを実践してみました。
結果としては適度に緊張感を持ちつつ力を抜く事ができ、今の自分の中でベストな状態に近付ける事ができたのではないかなと思いました。 そして、いつも張っている時に無駄な力がかかりまくっているなーとも再認識。
今回ウィスパーをやってみて思った事は、意外に口を開けなくても言葉は聞き取れ、考えていたより全体的に息を入れる必要がないという事です。

フラットに読んでいるつもりでも、無意識にこの言葉を立てなければないならないと考えてしまっているのか全然フラットになっていない。 フラットに読もうという意識を持ってしまった時点で、張り切ってしまってできていないのかなと思います。
私の中で最近課題になっている、切る所で「ふぁー」となってしまう問題。
逸見先生の言う通りウィスパーでやると如実に問題点が現れ、文の切れる所や文末でどうにか力を抜こうとしているのではないかと、ずっと原因がわからなかった事が解決しました! 癖は直せるはず!もっともっと頑張ります!

ばね扶美(ふみ)