様々な視点から見たナレーター

おはようございます。
最近グッと来た言葉は「練習では150%、本番では110%」by ロシア フィギュアスケートコーチ の土屋恵美です。

アドバンス授業の「視点」シリーズをレポートします。

■カウンセリング視点
スタジオバーズでの山上先生の思考を紐解いていく講義。
肝心なスタート地点は、仕事をとるためにボイスサンプルを作るなら、買い手のことから考える。
買い手のニーズを想定し、ベテランナレーター 大手事務所 俳優 芸人と並んでいるなかで選ばれるボイスサンプルを作り出す。
そのために 今すぐ使える自分の武器は?足りない技術は? と逆算していきました。

提案することがどれだけ高度な発想なのか、情報収集と買い手とのコミュニケーションの大切さを改めて感じました。
買い手から逆算することで、自分に足りない技術=のびしろに気付くきっかけになりました。

■プロデューサー視点
プロデューサー役とナレーター役とに別れてのオーディションのロールプレイ。
私が演じたのは、クイズ番組を企画している忠実なプロデューサーです。

ロールプレイでは、オーディション最中に上層部からのオーダーがきます。「賞をとれる番組を作って」「予算がない」「失敗したらクビ」などなど。
さらに、売れっ子ナレーター アイドル 芸人 大物俳優など 「肩書き」情報も追加されます。

結果、私のキャスティングは 最初に選んだものとは完全に変わりました。(しかも、自分で自分をキャスティングしました笑)

選ぶ側を演じてみて、私の場合はプレーや音色が番組とマッチするかを見ていました(最初は)。ベテランや売れっ子ナレーターに任せれば安心とキャスティングする人もいました(私です)。

感じたことは 無難なプレーでは よほど声にインパクトがない限り印象に残らないということ。オーディションは瞬く間に終わる。ここでもド頭MAXでした。

■マネージャー視点
「昼の情報番組オーディション」を想定した模擬オーディション。審査員は 義村学長 狩野さん 畠山さんです。

とにかく大切なことは印象に残ること。
耳で聞いてインパクトがある音。パッと目にはいってくる姿。

方言など飛び道具やキャッチコピー 、原稿の読み分け、声のパワー。
そして顔がでない仕事と言えど視覚からも「華」が大切。全身ブラックはダメ、ゼッタイ!色や柄の華やかな服装が良い。

ちなみに私の勝負服は紅白ストライプのシャツワンピース!(サンドイッチ屋さんみたい by山上さん)
…バラエティ番組のオーディションだったらアリだったのかしら(^-^;

視点シリーズを経て、選ばれるにはセルフブランディングが肝。同時にその難しさを感じています。
声やプレーといった聴覚情報に関しては方向性が見えてきたなぁと思っていますが、宣材写真や服など視覚情報に関しては未だ暗中模索。
しかし答えを見つけるまで提案 提案!
自分探しの旅は続く!

先生方、多くの気付きがあるレッスンを ありがとうございました!

2/24 感情と距離

響き。

通常下がってしまう音も、前後の音と同じにすると聞こえ方が違う。

それもテンションを変えずに読む。

コピーでも遭遇します。そして、対原稿とにらめっこ。

語尾が途切れ途切れになるのもきっと響きが関係しているのかな?と思いました。

3/17 バラエティーとVO(ボイスオーバー)

こりん星です。

今期藤本さん最後のレッスン。

初のVOも引き出しが必要。洋画があれば見るようになりました。

後半はバラエティーの読み。
絵の構成と似てますよと藤本さんからアドバイスを頂き、何故それがシフト出来ないのか考えるきっかけになりました。

奇襲ばかけるったい!

好いとぉと?
好いとぉと♡
アドバンスの古賀安沙美です。

先週はプロデューサー視点、今週はマネージャー視点のレッスンでした。

共通して感じたのは、“いかに引っかかりを持たせるか”、とです。
器用なオールラウンダーなタイプではなか限り、奇襲ばかけな印象に残らんことを思い知ったとです。

特に今週のマネージャー視点のレッスンの時に気づいたのは、自分は固定概念に囚われすぎとぉということです。
クラスメイトが、その方の色ば出した特徴的なアプローチをしとる姿ば見て、なるほど!と思いましたばい。
原稿に囚われんでその人ならではの言い回しや、その人の武器ばちゃんと出すこと!
そうせな印象に残らんっちゃん。
(自分は、ふわっとした読みが持ち味かもしれんと思ってそれを意識して読んだっちゃけど…その程度じゃ引っかかりもなくふわっと消えてしまっとぉだけやった。持ち味は博多弁やった。
消えたくなかー!)

さらにさらに。マイク前の読みではないけん音量や響きが誤魔化せん場。
読みの不安定さも如実に出て、なおさら特徴的な読みをせんといかん!ち思い知りましたばい。
(マイク頼りになっとった甘え、自分のツメの甘さば痛感。)

レッスン後に戒めとして自分の名前が書かれんかった投票結果のホワイトボードば写真に収めましたばい。
この失敗と不甲斐なさと悔しさをバネにするっちゃん!

キャッチコピー、博多弁、華やかな服装で奇襲ばかけるばい!

好いとぉと?
博多出身
古賀安沙美でした♡
(現在あざと可愛さを研究中。得意分野にしたかっちゃん。)

さとみ先生のボイストレーニング

こんにちは。ベーシッククラスの熊倉です。昨年末から通い始めた さとみ先生のボイストレーニング。今月(2月)初め、3回目のレッスンだったのですが、早くも声に変化が!低音を出しやすくなりました(喜!)

私のボイトレの目的は「低音の開拓と安定」です。レッスンでさとみ先生は、中間音域から低音域へと全周波数をなぞるようなイメージで、地声のみを引き出す発声を指導下さっています。

「地声の低音で良い響きが出るようになった音域がある」「声量が出てきた」とさとみ先生が言って下さり、自分でもそのように感じる時もあり、ますますヤル気が出てきました。 ٩(^‿^)۶

ただ、さとみ先生がおっしゃるには、レッスン初回は自然に出来ていた「地声 — 裏声 — 地声」の裏声への移行が、今は出来なくなってしまっているとのこと。
最近、地声の発声練習ばかりしていたからでしょうか(苦笑)。1つ出来るようになると1つ出来なくなる、という自分の不器用さに呆れながら「少しずつでも前進できるように継続していこう」と決意を新たにしました。

次のレッスンは3月初旬。あるお経を「シャープな表現で読む」という課題が出ています。
私は同じ響きでまっすぐ読もうとしただけだったのですが、さとみ先生は同じお経を読まれても リズムや響き、音色に勢いや深みがありました。私の読みとは明らかに違います。 次のレッスンまでにこのお経を「シャーッ、シャーッ」という感じを意識してシャープな表現で読めるようにする、ということが課題となっています。

また、「自分が持っているものの中から 新たに何を提案できるのかが大切」と、さとみ先生がおっしゃっていたことが心に強く残りました。 「そのためにも、ボイトレは言わば基礎体力作り。欠かせないなぁ。」と改めて感じています。

明日から3月。次のレッスンが待ち遠しいです。

振りきリーダー

振りきリーダーに、おれはなる

こんばんは、水曜ベーシック石川です。
先週水曜アフターバーズ。
なんやかんやの話の流れで、自分がずっと抱えている「振り切る、突き抜けることができていない。小さくまとまってしまう」という課題のお話をさせていただきました。

すると松田先生から
「ベクトルが自分に向いているのでは。
(レッスンでの発表順が名簿順のことが多く)せっかく1番なのだから自分が引っ張るんだと、リーダーになったつもりでやってみてはどうか。1番手のテンションは次に影響する部分もある。それを宣言してみては」といったようなアドバイスをいただけたのです。

ハッとしました。そんなアプローチの仕方があったとは。
悩むあまりどんどん意識が自分にばかり向かっていたようです。

周りの皆さんから「今日からきみが振りきリーダーだ!」と囃し立てていただきまして、自分の退路を断つべくこの度振りきリーダーになることを宣言致します。 ど頭マックスを、意識しましたで終わらず実際に表に出せるようにしていきたいと思います。

スポーツセミナーを受けて

おはようございます。
ベーシック&アドバンスの土屋恵美です。

逸見先生 新井先生 桑原先生 目黒先生のスポーツセミナーを受講しました。

アドバンスの山上先生のカウンセリング視点の授業と、ベーシックの堀場先生の 「ボイスサンプルでどんな提案ができるか常に考える」という言葉が頭にあったので、与え手として どんな提案ができるのかを考えながら臨みました。

題材は オリンピック出場選手のドキュメント、試合中継前のVTRや高校球児の青春もの。テンポの良いものからハードボイルドなものまで。
ひとくくりにスポーツと言っても バラエティ要素あり ドキュメント要素ありで、さらにスポーツ感のある熱量をのせる。

先生方には何通りもの「正解」を示していただきました。
一方で 先生方のオンエアのプレーは正解の1つであって、私がそのままコピーしたとしても成立しないこともある。

例えば 盛り上げる映像であれば、声が太い私が力強くプレーすれば パワフルな勢いを増した映像になるだろうし、重いテーマは いつも通りのプレーでは過剰に重く暗くなってしまうかも。軽さを出そうと声質を変えたら説得力がなくなってしまうし…
と、私にとってのベストは何だろうと思考が止まらない。
1度しかプレーできないのがもどかしく、逆に1発で提案を形にしていかなければと身が引き締まる思いでした。

同じフォルダに分類されるライバルとの差をどうつけるか。

自分の声質やプレーはもちろん、外見 雰囲気などセルフブランディングした自分も加味してどう提案するか…

と、頭でっかちになってしまう私の悪い癖が出てしまいましたが、セミナーでインプットしたことを プレーを繰り返してアウトプットし形にしていきたいです。

自分にないエッセンスをたくさんインプットでき、とても刺激的なセミナーでした。
貴重な機会をありがとうございました。