お初にお目にかかります。

初めましての方もそうでない方も、15期秋水曜コアラクラスの堀川輝幸と申します。
初めての投稿です。お初にお目にかかります。

昨日ワクチン2回目を受けて副反応で朦朧としています。
文章に変な箇所がありましたら、それはワクチンのせいです。きっとそうです。

そんな状態ですが、授業が始まって早三週間、初めて振り返りを書かせて頂きます。

一回目。「守破離」
ナレーターとして売れ続けていくための極意が詰め込まれた授業。
洪水のような怒涛のお話の中で、今後の指針にしようと心に決めたこと。

それは「勢う」ということ。

運は勢いに寄り添う、ではその勢いはどうすれば手に入るのか。

それは、とにかく動くこと。

習うより慣れろ。下手な考え休むに似たり。行けばわかるさ。
古今、様々に言われてきたことが、一つに繋がったような気がしました。

そんな勢い第一弾として、全録レコーダーを買いました。

二回目。「発声チェック」
目黒先生の初授業でした。

まずは一人ひとり、30秒の体内時計自己紹介から。
空っぽ人間の私からすると、一番苦手なこと。

名字がハ行で良かった。名前が愛飢男だったら20秒で終わっていたと思います。

自分が何を話すかばかり気になって、あまり他の人の話を聞けていなかったことをここに白状します。ほんと愛のない人間です。

どんなときもサービス精神を持ち、余裕を持っていきたいです。

そして、発声チェック。

一声聞いただけで的確なアドバイスを伝える目黒先生の手腕たるや!

自分に対しては、固くなっている、とのこと。

思い返してみると…はい、固くなっておりました。

よく聞かれようという、不要なプライドの現れだと思います。
そんなブライドはさっさと捨てて、強い誇りを身に着けていきたいです。

そして三回目。「ナレ知っとく!」
田子先生の初授業。
熱い!暑い!!厚い!!!篤い!!!授業でした。

田子先生のあの勢いのあるナレーションも、
その裏にはキメ細やかな気遣いや計算があってのこと。
喉のケア、差し入れしかり、いかにクライアントに好きになってもらうか。

売れ続けている方は、それだけの理由や戦略を持っていて、
そして今現時点でも努力をし続けている、そんな世界。
それに挑もうという自分は、ただ先生の話を有り難く聞くだけではなく、
+αの独自性を探っていかねば、と思って聞いていました。
自分なりの懐に入る術、見つけていきたい思います。

他にも書きたいことは色々ありますが、三週分なのでこの辺で。
かいつまんでですが、以上が私の振り返りです。

読み返しましたが、これ振り返れているのでしょうか。
振り返り美人に私はなりたい。

ほりかわ

3年ぶりのバーズ

こんにちは。
今期から復しましたブランディングの本多です。

ほとんどzoomでの受講になってしまうのでアフターバーズなどでお話できないのが残念ですが、改めて講師の皆さま、クラスメイトの皆さまよろしくお願いします!

それでは畠山さんの「制作会社」と狩野さんの「ストーリー&コミュニケーション」を振り返ります。

営業先、リサーチの仕方、初めてお会いする時に気を付けるべきコミュニケーション、服装、振る舞い、必需品など、なんとなくわかったつもりになっていましたが、初めて知ることがいくつもありました。コロナの状況も少しずつ和らいでいるようですし、教わったことを生かして、直接お会いしての営業活動もこの冬は挑戦していきます!

授業でもその場で名刺を渡せる人、そうでない人がいましたが、
私はこれまでも「あ~今、名刺を持っていたら、、、」と思ったことが何度かありました;
なんてもったいない、、チャンスを逃していたかもしれませんね。とりあえず作った名刺はあっても、自信を持ってお渡しできるものを準備できていないからかもしれません。これを機に動いてみます!

そして、子育て真っ只中でもzoomを通して学ばせていただける機会にとても感謝しています。
授業の時間はちょうど子供に夕飯を食べさせねばならないので、大丈夫かと不安もありましたが、子供と一緒でも気にかけてくださりそれがとても嬉しかったです。 畠山さん、狩野さん、学長、ありがとうございました!

秋15期モード 八木雄大です #1

おはようございます!
秋15期モードの八木です。
今期もよろしくお願いしますm(_ _)m

昨日は目黒さんの「現代報道と発声」でした。
結論から言うとボロボロです!!

授業では、原稿を読むだけでなくブースに入って録音し聞くことを一人一人やりとても丁寧にやっていただきました。
ブースに入るのはボイスサンプル作成ぶり?でやっぱりドキドキしてしまいます。

だけどそれを理由にできないくらいダメだったと思います。
目黒さんからも、短文には通用しても長文に耐えうる体力のなさとか頼りがいのなさとか色々ご指摘いただきました。
録音した自分の読みを改めて聞いてみても、まだまだなところが多すぎました。反省です。
でもいつもの僕みたいにウダウダ・ウジウジしません!その気持ちは一旦胸の押し入れに閉まって練習あるのみ!です。
先週の大江戸さんの授業でご指摘いただいた点も合わせて、今やれることを頑張ることが僕にできることで次への一歩なんだと信じたい。

また、先週大江戸さんにご指摘いただいた服装について、今まで自分では挑戦してこなかったモード系にチャレンジしてみました。
(服装をメールに添付してみたのですが、見れなければ自分のFBのTLに載せています!)

ライダースジャケットは勿論ブーツも履いたことなかったし、髪をワックスで整えたのなんて10年ぶりくらい…。
前期でシャツの柄とかブランドとか気にするようにはしていましたが、ここまでガラッと変えるのは初めてでした。
でも皆さんが誉めたり背中を押してくださり、イメージ変えてみるのは良いことだなって思えました。やって良かったなと思います。
Afterでも服装のことで話が盛り上がり、「自分を変えるためにクローゼットの中身(服)を全て入れ替えた」と聞いて
そこまで徹底してやってる方もいらっしゃるのだと衝撃でした。僕も断捨離してみようかな?(の前に部屋の掃除やる…。)
来週も服装頑張ってみようと思っているのでご期待ください!(?)

今日はこれにて終了です!
寒くなってきたので今日はお鍋を作って温まろうと思います(*’▽’)ノ それでは!

お世話になっております!

水曜ブランディングの矢作(やさく)いづみです。畠山さん講義の「制作会社」の振り返りを。制作会社とは、名前の通りコンテンツを作っている会社のこと。テレビ番組、CM広告、企業向け映像等、会社によって様々な特色があります。その制作会社がどこの放送局と繋がりがあるかということから、テレビ番組の最後に流れるテロップの見方、番組を作る手順、そのどこでナレーターが決まるのか、我々はどこに営業アプローチをかけていくのか等、情報が盛りだくさんの授業でした。そしてクラスが1番盛り上がった(と私は思っている)、営業において制作会社の受付という鉄の門を突破するには!!、、、そう、タイトルに付けたこの魔法の挨拶です!!さぁみなさん、にっこり笑顔で堂々と言ってみましょう(笑)!この後は自分のリサーチ力やコミュニケーション、次に繋げる会話、人間力が必要になってくるように思います。まだまだやる事が沢山ある事はありがたいこと。楽しみながらやっていきます!畠山さん、ありがとうございました!

成長する時は飛んでイスタンブール

いじいじうじうじモードはさようなら。
いまふたたびの奈良、もとい、いまふたたびのモード大島です。

今回は大江戸さんの「緩急」。
ナレーションでの基本技術である、緩急高低強弱。
緩急とはつまりは「足し引き」、表現に幅を出し、変化をつけるための大切な要素を学びます。

では、どのように足し引きをするか。
思い浮かぶのは読むスピード、リズムを変えることですが、例えば二枚目キャラと三枚目キャラを使い分ける、声の太さを変えてみる、間を使ってみる・・・などなど、アプローチの方法は様々です。 数種類の原稿を使い、これぞという足し引きを考えます。

私はついつい原稿の中だけで足し引きを考えてしまいがちでしたが、テレビナレーションはあくまで映像があって初めて成立するもの。 映像が面白ツッコミポイント満載なら、坦々と、あたしゃ興味ないね!的に引きの表現をするとか、熱量のある映像をあえて綾波レイ的うつろ感で読むとか。 そんなアプローチもまた緩急であるということを知りました。
原稿の中での緩急だけではなく、映像と組み合わせた上での緩急。
より実践的に現場を見据えるモードのレッスンの難しさは、こういう表現まで考える部分にあると感じます。
大江戸さんのレッスンは二期目ですが、改めて発見、気づきがありました。

そして、最後にあったダニング=クルーガー効果の話。
私は大江戸さんのこの話を聞くと今日も腐らず練習だ!と前向きになります。
これは認知バイアスに関する理論で、初心者の頃は能力がない故に自分を過大評価してしまいがちだが、知識がつくと自分のできなさ加減に気づき落ち込みマックス、ペタマックス大盛やきそばになり、そこを抜け出すと再び上昇して正しく自分を認識し成長できるようになるというものです。 しかも、ナレーターにおいては、サンプルを録ったり現場に出たりすると、緩やかな成長ではなく覚醒して成長度が爆上がりする場合もあるのです。

バーズに入りたての頃にはわからなかった自分の位置が、徐々にトッププロと三億光年の隔たりがあることに気づき、M78星雲から助けも呼べない距離であることを知り、それでも腐らずに続けていくと光が見えてきたりして。 この話を聞くと、今日も明日もナレーションは楽しくやりたいぜと思うことができます。

できることなら、思いきりブレイクスルーしたい。
成長よ、おいでイスタンブール。

土曜モード 大島

胃腸を強くしよう!

おはよさうございます!
ブランディングクラスの久保多聞です。
今回は畠山マネージャーによる「制作会社解説」の授業を振り返ります。

今回、記念すべき第一回目のブランディングの授業だったわけですがとにかく内容が濃い!
まるで洪水のような情報の奔流が耳へと脳へと押し寄せます。

前回のブログでバーズは自分にどう落とし込むかが重要なスクールであると触れましたが、
このたった一回の授業内容を完全消化するには、果たしてどのくらいの時間を要するのだろうと思ってしまったのが正直な所でした(^^;

今回思い知らされたのは自分がいかに無知だったのかと言うこと。

何となく聞いたことはあってもそれが実際どういうものなのか、そして業界全体にどう影響しているのかなど、とにかく目から鱗な情報。

新しくボイスサンプルを作るにしろ、自分で営業するにしろ
これを知っているか知らないかで大きく立ち回りが変わってくるような有力情報満載でした。
 
 
重要なのはこの授業を受けて単に「へぇー」で終わらせない事。
「落とし込む」とはそういうことです。

じゃあ具体的にはどうしていくのか、それを考え実行していかなくてはなりません。
その事をしっかりと認識させてくれるとても刺激的な授業でした。

畠山マネージャーありがとうございました。

久保多聞