ポジショニング

ワクチン接種なのに接種券忘れました。ブランディングの近藤真央です。

今回は学長による「ポジショニング」

このレッスン、もっと早く受けていたらサンプルの作り方も、営業やアプローチも変わったのかなと思うのですが…きっと違います。

コア・モード・ブランディングを経て聞いたからこそ、自分のポジションや系統が腑に落ちました。
むしろ積み上げてきたものがあるからこそ、理解できるものだと思います。

学長はエレガント&クール⇄ウィット&ホットの縦軸と、クリア&ドライ⇄マイルド&ウェットの横軸で成る分布図を使って分析しているとのこと。

例えば、滑舌が良い人はクリア&ドライ寄りになるし、エレガント&クールの人は情報が伝わりやすく品がある読みになりやすい、ウィット&ホットの人は毒などのスパイスを効かせやすくなるそう。

この分布図に当てはめれば「あぁ、あのナレーターさんはここね」とか「報道向きの声ということはこのあたりかな」と、これをもって自分の読みを分析しつつ、同じフィールドにどんなナレーターさんがいるのかがわかり、客観的に自分を知る良い判断材料となりました。

また、コアで学んだ「華・品・毒」の表現も、ふわふわしたイメージから具体的なイメージへと進化できたので、この考え方はかなり強力な武器となりそうです。

私にとっては良いタイミングでのレッスンでした(❁´ω`❁)学長、ありがとうございました!

以上、近藤真央でした🌸おおきに( ´ ꒳ ` )ノ

サンプルを通して、どう思われたい?

ブランディングの都筑です。今回は、畠山さんの「サンプルめった斬り」について振り返ります。

畠山さんは今回のために1人のサンプルにつき5回以上聞いて考えてくださっていたとのこと。
改編期もあってお忙しい中、本当に頭が上がりません。
まず、今回のサンプルを聞く時のポイントとしては「技術力」「声質」「コンセプト」「突破力」の4つ。
この4つを詳しい話を聞いてから、それぞれが提出したサンプルの講評が始まりました。
サンプルを作る上で技術と声質が必要なのはもちろん、新人には突破力が必要。
さらには聞き手を飽きさせないためのコンセプト、このサンプルを聞いたときにどう思ってほしいかが重要だと改めて感じました(^ω^)
今回、いい機会だと思って以前からの課題である「作ったサンプルを再編集」して提出しましたが、もうボロボロ。。。笑
でも、逆にボロボロのセンスをぶつけたことで、私が今できるセルフブランディングの形が見えてきた気がしています。
これまでマネージャー陣から私の強みを何度も教えていただきましたが、コア、モードの頃の自分ではなかなか分かりませんでした。
ですがブランディングを通して一筋の光が見えてきたと感じています。遅い、遅すぎです。。。
そして何より、私のサンプルを聞いた人にどう思われたいのかを考えるきっかけになりました。
あとは、これをどう表現するか。
今回の授業で重要視していた4つのポイントを抑え、日々励んでいこうと思います!
畠山さん、ありがとうございました!
つづく

自然を大切に

おはようございます!
土曜モードクラスの久保多聞です。

「もっと自由に、自然にやって」

表現者なんてモノをかじっていると、何かとこのような指摘を耳にすることがあります。
「よし!それじゃあ自由にやろう」なんて心掛けてやると何だかんだでその時点で既に自由ではなかった、なんてことが割りとあるあるだったりするのですが。。

さて、今回は高川裕也先生による「ハードドキュメント」の授業でした!
「無名塾」出身で、現役の俳優さんでもありナレーターでもあるというすごいお方!
元々小劇場の劇団に所属していた自分としてはとても楽しみにしていた授業でした。

今回のレッスンのポイントは原稿の内容と読み手である自分が関係性を持つこと。
それが血の通う、生きたそして自然な読みになるということでした。
そのために原稿より先に映像を見てイメージを膨らませ自分なりのプロットを作り上げます。
その上でようやく原稿を頂き自分との関係性を持っていくのです。

今回の題材は日本のとある美しい滝をフィーチャーしたドキュメント紀行番組でした。
自分は小さい頃から滝が好きで、子どもの頃に親に箱根や日光、那須塩原などの滝に連れて行ってもらったり、
つい最近も丹沢で滝を見たばかり。
自分的には関係性バッチリだ!と意気込んで読みにチャレンジ。

しかし高川先生からは「読みから関係性を感じない」とバッサリ。。
ナレーションだけでなくお芝居でもダメ出しを受けたようなグサッとくる一言。

自己分析では、映像から関係性を感じたがそれを読みにアウトプットできるスキルがまだ乏しかったのだと思います。

高川さんのお話だと関係性は「持つ」だけでそれを「表現」しようとするのではないと言う事。

何とも分かるような分からないような、自分の理解力の無さが恨めしいです^^;

しかしこれが前回ブログに書いたような「余計な力が入らない、作らず飾らない自然な読み」に繋がるのだろうなという事を確かに感じながら、
今後、自分を更なる高みへ導いてくれる要素として心に刻み付けておきたい授業でした。
いずれ「あの時の事が分かりました!」とご報告したい・・・!

高川裕也先生!貴重なレッスンありがとうございました!
また宜しくお願い致します!

久保多聞

今何ができるかを考える

ブランディングの都筑です。今回はトビーさんの「営業の実践例」を振り返ります。ゲストは桑原礼佳さん。
トビーさんに「こんなナレーターは嫌だ」「こんなナレーターがいい」シリーズで場を温めてもらい、
仕事がない時はどうするのか、たくさんんの「今できること」を教えていただきました。
やはり仕事がない時は待っていてはダメで、サンプルを録ったり営業へ行ったり、ホームページを新しくしたり。
まだまだ自分ができることはたくさんあるなと実感しました。

そして、桑原さんのお話。
お話を聞くまでは想像上の桑原さんに想いを馳せていたので、最初から桑原さんは現場で心をがっちり掴んでリピートもたくさんもらえていた!というイメージでしたが、実際にお話を聞くと最初はうまくやろうと思いすぎて失敗したお話や、うまくいかなかった時の演出の方の言葉に助けられたお話、学生時代の葛藤など、「そんな人生を歩んでいたのか!」と驚く点が多くありました。
それでも自分でやりたいことを見つけたらとことん突き進む桑原さんが素敵で、私もやりたいことを実現するためにとことん突き進まなければと感じています。
今回桑原さんが使っていた資料は、トビーさんと何度も話し合いを進めて作ってくださったそうで、愛を感じました( ^ω^ )♡

授業後は、桑原さんへの質問タイム。
バーズには3期通っていますが、桑原さんに直接お会いできる機会などなかなかない(というかほぼない)ので、現場ではどうやってスタッフさんと接しているのか、ボイスサンプル作成にあたって気をつけていることは何か、などなど、想像上の桑原さんに想いを馳せていた時代にずっと聞きたかったことを質問しまくりました。
とっても素敵な桑原さんから学ぶことが多くあり自分の現状にとてもマッチした授業だったので、今何ができるのか、新しい考え方を手に入れた気持ちになりました!

桑原さん、トビーさん、ありがとうございました!

自分の言葉

カンガルーは嫌いですがワラビーはかわいいので好き、土曜モード神林拓真です。

今回のレッスンは高川さんによる「ハードドキュメント」
2年前に受けた際は原稿のみでしたが今回は予めVTRのみを観て、場面場面でどう感じたか、自分ならどう読みたいかをまず書き留めます。
その後本番は原稿通り読む形になりますが、ドキュメンタリーは番組の趣旨やメッセージ性に対しどうやって自分の言葉で語るか、その番組と「どう関係性を持つか」が重要。そこで自分で書きだした原稿が頭の片隅にでもあることで関係性が作りやすくなるとのこと。

以前のレッスンでも高川さんは「原稿を読んだ時の衝動が大事」「原稿と真っさらに出会う」と仰ってました。当時は高川さんの渋い声と相まって(ただただかっけえ…)という気持ちでしたが、これらも関係性を持つということに繋がっていたんですね。
ただ今回もアウトプットの仕方がさっぱり掴めず。。ドキュメンタリー苦手な僕には自分の言葉で読もうとすると作為的なものが出るので、まずその作為を無くすよう探り探りの発声、するともう自分の言葉でもなんでもなくない?と読みながら混乱して滝壺に飛び込んだみたいな感じでした。
高川さんからも「なんか、なにかを纏ってた」とのお言葉。自分の言葉で喋る、一朝一夕で変えるのはまだまだ難しそうです。

とはいえその後カンガルーと戦った時の状況を身振り手振りを交え説明してと言われた時に、最初は言葉だけの説明だったものが話が盛り上がった時に「その感じ、その現場の状況を周りに共有しようとしてること。それをナレーションでやってほしい」とのお言葉。
なるほど!!!ん??なる、ほど?!どの感じ??!と一瞬わかったようなわからないような感覚でしたが、その後も何名か身振り手振りで舞台芝居のように状況説明の原稿を読んでるのを見ながら、朧気でも「自分の言葉でするナレーション」の先端にだけは触れたような気がします。

どこまで行っても奥が深いナレーション、自分とはいったいなんなのでしょう?しかし前回はさっぱりわからないだったものが一瞬わかったようなわからないようなに変わっただけでも相当な成長です。一歩一歩道を開いていこう!

応援ありがとうございました!神林拓真の次回作にご期待ください

素直になりたくて

おはようございます!土曜モードクラスの久保多聞です。

今回の授業は逸見友惠先生の「ソフトドキュメント」のレッスンでした。

ドキュメントというジャンルはこれまでも田子さんの授業や大江戸さんの授業でも読ませてもらいましたが、
講師の方々一様に仰るのはとにかく「難しい」と言うこと。。

さて、では今回の「ソフトドキュメント」とはどんなものなのでしょうか。

まずはいつも通り前もって原稿を頂き読んでいきます。
今回の原稿はスポーツドキュメントと人物ドキュメントの二種類、
どちらを選ぶかは自分次第です。

今回も含め三回の逸見さんの授業を受けて自分が感じたのは、
飾ったり作ったりしない自分のナチュラルな読みとはどういうものか、ということ。
自分が出来る素直な読み、それが「ソフトドキュメント」であると。

その点自分は原稿を読む時はとにかく気合いが入りまくり(^^;
毎回素直さの欠片もありません。笑

色々な方のコピーをする一方で、
自分自身のナチュラルな読みを追求するのも大事であると改めて実感しました。

逸見さん三回に渡りありがとうございました!

久保多聞

春15期、講師会議

スクールバーズ畠山です。

あっという間の半年間。本日は生徒一人に一人に対して講師陣での会議でした。

スクールバーズは常に新たな課題を設けて挑戦しています。

会議の一コマ。すっかり、オンラインがスタンダードになりました。