松田佑貴先生の滑舌レッスン♪

滑舌に難あり、伸びしろあり!春13水曜コアの花海志帆です(^ω^)
「プロの滑舌の共通項」ってなんだと思いますか??

決定的な違い、それは…

ジャジャン!
「滑舌がめちゃめちゃいいってこと!(By松田佑貴先生)」
(このスライドが出た瞬間、そりゃそうだ~~~!と生徒も先生自身も爆笑w)

さて、今回のレッスンテーマは【滑舌】。これまで「滑舌=噛まずに読む」というイメージだけ持っていました・・・が、違いました!
【一文字ずつハッキリとシャープに発音する】ということが滑舌においてかなり大事。
なぜなら、聞き流される声はエンタメの世界では致命的ということ。基礎ができてこそ、はじめてコントロールができる(表現をつけられる)ということでした。

ということで今回、基本的な母音と子音の発音の仕方について学ぶべく、「バーズ式ナレーター滑舌総出場」を用いて一人ひとり読み上げ&フィードバックいただきました!

◆私たちの読みに対して松田先生からのアドバイスをいくつかまとめてみました♪

【きゃりーまみゅぱみゅ】はアクションをつけてみるとうまくいく∩(´∀`)∩

【生バナナなどの】が言いにくい…舌が奥に引っ込んでいないか要チェック
【連日取りざたされていた】の【ん】が流れて聞こえる…【ん】の発音の仕方はいろいろあって、この場合は次に続く文字と同じ口の形で発音。

【な行・ら行】は上の歯の裏につけてスパンっと下に送る
【い行】は上の両奥歯に舌をつける
【子音】を発音するときは舌先が必ずどこかに触れていることが原則

◆前に声を出す意識をする方法
舌を前に出しながら、ドラえもんのように声高めに発音
言いにくい言葉は一拍ずつゆっくり言う

など、他にも練習法をいろいろ教えていただきました。
それにしても、先生耳が良すぎます・・・私たちが喋っただけで舌がどんな形なのか言い当てる&理論的で的確なワンポイントアドバイスのシャワー。もっと見ていただきたいぃぃぃ!とだれもが思っていたハズ◎まるで滑舌診断です。

というわけで今回は
自分の言いにくい音や流れていた音を自覚するところから始まり、自分の舌の位置を意識することに向き合える濃厚な時間でした…!
(っд・)、。○(私の舌よ、、、いままでどこにいって何してたのさ?)

帰り道、軟口蓋(なんこうがい)を意識してひたすらスタッカートの練習です。Ku’!!

こんな素敵なバーズ式滑舌資料をまとめてくださったバーズ関係者の皆様、本当にありがとうございます!改善するためにできることがたくさんあると気付けたので、これからシャープな発音を手に入れるために頑張っていきます♪

レッスン2回を経て、初ブログでした~~!

※松田先生の映える写真は藤井ちゃんがアップしてくれたので、私はおさむちゃんとのツーショット*タイトルは「これがあるとメモしやすいんです♪」

花海志帆

~知識としてインプットしても技術としてアウトプットできなきゃ備わったことに はならない~

こんにちは(‘ω’)ご無沙汰しております小出です!

 わたしは前期も今期もモード受講です。バーズでのレッスンは毎回とてもとても濃密で、一度で抱えきれずにこぼれ落としたものが沢山あったと感じる前期でした。今期は全部かき集めるぞという気持ちで再受講です!

 先週のあおい先生のレッスンの振り返りを自分なりに行っていました。前期であおい先生のレッスンは4回あったので、わたしにとっては5度目のあおいさんのレッスンです。(今回のレッスン内容については書かれていらっしゃる方が多いので割愛させていただきます。)

わたしの読みに対して今まであおい先生にご指摘していただいた部分をまとめました
「丁寧すぎると面白くない、言葉にならない大切なものがある」
「フラットすぎてサラサラのお茶漬けのようだ、もっとメリハリを」
「アバンは跳びかかるように、人の耳を掴め」
「間を恐れない、視聴者の耳を待て」
「独り言の延長にならない、距離感、伝える気持ち」
「もっともっと細かくニュアンスをつけて、流れていかないで」
「一文の中に沢山沢山ニュアンスを入れて」
「言葉本来が持つ力(強さ)、感情の動き(心理、勢い)、表現(日常のドラマ)をもっと普段から観察して」
「気持ちのピークを追求して、落とさない、不用意に上げ下げすると変に目立つから音域はキープ」等々…
もっともっと書ききれなほど多くのことがあります。

今期は、前期で頂いているご指摘を【知識としてインプット】する段階ではなく【技術としてアウトプット】していく段階だとも思っています!しっかり取り組みます!(勿論まだまだインプットも必要ですが!)

 『学び』と『発見』があれば『失敗』にはならない、と某(林修先生の)テレビ番組でアンミカさんが仰っていました。
今期も学びと発見は止まりそうにありません(‘ω’)!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

実践滑舌!レッスン

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!

水曜日19時コアクラスの、
藤井真由香です。

本日は、松田先生の、
実践滑舌のレッスン!

松田先生のレッスンでは、
ただ、早口言葉や基礎の滑舌練習からのレッスンではなく
(もちろん、早口言葉や基礎の滑舌練習は、大事なのですが!)

実際に、現場で読まれている、
読みにくい言葉や、文章をベースに、
レッスンを受けることが出来ました…!!

私は過去に
声優の養成所生だったことがありますが、
滑舌のレッスン、
舌の使い方、口腔の状態、
中々ここまで、追求できた事がなかったです。

緻密に細かく見てくださり、
大変、貴重な時間でした。

私は、特に
「ハヒフヘホ」の発音の仕方、
「サ」行から「ジ・ジャ」行に繋がる口の動き
が特に苦手だったのですが、
軟口蓋の空間、発音への音の出し方、
細かく指導していただけました…!

目からウロコで、とても感動しました…!
他のレッスン生の皆さんにも、
とても細やかな指導で、
自分のことのように、参考にさせていただきました。

滑舌、とても奥が深くて、
面白いですー(^^)!
レッスンの内容を基に、
また一から、事前課題を、
復習してみたいと思います!

レッスンの後も、
ボイスサンプルや、ファッションのお話を、
沢山お伺いすることができ…
本当に!松田先生!ありがとうございました!

以上、藤井真由香の初ブログ投稿でした〜^ ^

写真は、レッスン時の松田先生です!
インスタ映えです!

ボイスサンプル収録?!

こんにちわ。春13期土曜コア、
自称戸田市ご当地MCの椋本妙子(むくもとたえこ)です。

バースの授業に出始めてわずか2回。
なのに、夫が仕事の得意先様にいつのまにか営業をかけ
「うちの嫁、ナレーターやってるんですよ」

いや、まだやってない。
勉強を始めたばかりである。

「じゃあボイスサンプルを」
えぇ当然、取引先の回答はこうなるでしょうよ。

というわけで急遽ボイスサンプルをつくることに。

スタジオバースに事情をお伝えして、なる早の日程で調整いただき
目黒泉先生にディレクションいただき収録をしてきました。

目黒先生は、バーズに入る前、授業を見学させていただいていたのですが、
そのことを先生が覚えてくださっていて感動しました。

収録は当然のことながら四苦八苦、今後の課題が浮き彫りになりました。
 
- 声帯のスタミナをつけること
– テレビをたくさんみてナレーションをたくさん聞くこと
– リズムを大事に、テンポを置くこと
– 原稿の世界観を読みに表現すること
– 間は自分が感じるよりも大げさにとること
などなどなどなど。。。。

娘に「テレビばっかり見るんじゃありませんっ!!」と毎日叱っている私ですが、
これからは娘と一緒にテレビばっかり見ます!

ナレーションは撮り直しができる故、それが苦しいことを今回実感いたしました。
司会は一回発した言葉は取り返せないので、それゆえに間違えないことが大前提ですが、
間違えても取り返せないので、その後フォローする方法がいくつかあります。

「ご来賓の皆様を代表して、田中(あっ!)・・・田辺市長にご挨拶を賜ります。」
とやらかした時には、ご挨拶の後に
「田辺市長ありがとうございました!田辺市長のご挨拶を頂戴いたしました」
とお名前を連呼するやり方とか。

ですが、ナレーションは間違えたら、ちゃんとできるまでやり直し。
これは、、辛いです。

ごまかしのできない世界、ナレーション。

今日の学びを今後のレッスンにあますところなく生かしたいと思います。
もちろん、今回の仕事もとれたら嬉しいですけど♪

収録終盤、学長や授業を控えた(?)田子千尋先生や松田佑貴先生がスタジオにお見えになり、これはいつものバーズの風景なのでしょうか?

まだまだ夕方なのに「おはようございます」の挨拶がまだ慣れない
一般市民の椋本です。

目黒先生ありがとうございました!
がんばります!

椋本妙子

17 April, 2019 15:59

あなたの時間泥棒、藍沢しおりです。

あおい洋一郎先生の初レッスン。
鮮烈に記憶に残ったのは、
「美容師に"初めてのお客さんなので自信がない"なんて言われたら任せたくなくなる。
ラーメン屋が、"今日のスープには自信がない"なんて発信をしていたら行きたくなくなる。」
という言葉。

「個人的に好ましくないと感じるから」という理由でネガティブワードを発さないようにしてきた私ですが、その理由が自分の中で明確になりました。
仕事を頼むなら、自信を持って商品を提供してくれる人。頼り甲斐のある職人が良い。

あおい先生の授業は、一人一人のナレーションを録音しアドバイスを頂くという形式でした。
私がいただいたアドバイスは「原稿に対して前のめりになっているので、距離感を掴むこと」。
距離感については自分で掴むしかなく、方法の言語化はできないとのことでした。

求められているのは、一朝一夕でできることではないかもしれません。
しかし私は「ナレーション職人」として、誇りを持ってナレーターを名乗れる人間でありたい。

次回のあおいさんの授業は一ヶ月半後です。
コピーから適切な距離感を学び取り、できる限り近付く努力をしたいと思います。

頭ポンッ、中すぅっ、お尻カンッ/旬の実技byあおい先生

皆さんこんばんは!土曜モードクラス 佐藤愛可(あいか)です。  

初めてのあおい先生の授業! 

授業では、実技練習でのアドバイスやテクニックはもちろんですが
1つの原稿に対して、どんな番組で、どんなシーンで、どんな流れがあって、だからどんな読みが求められているか?
そういった背景も深く読み解いて解説してくださいました。

私は自分の読みやすいように、軽めのノリで読んでしまいましたが、
ここではこういう映像が次にくるから、軽く読むと感動が薄れてしまうよとご指摘いただきました。

コアクラスの授業で何度か、原稿の意図やナレーターの立ち位置を把握するのは大切なことだと学んでいたはずなのに……今回改めて思い出しました。

もう一つ印象的に残ったのは……「もっとハイテンションでいけますか?」と言われた時にどうするか!?
意外だったのが、あおい先生は「作戦練るんで、1分待ってもらっても良いですか?」と伝え、しっかり作戦を練る、ということ。 
しっかり計画を練るくらい、感覚的なものではないんだ!!と驚きました。

 
ちなみにあおいさんが作戦を練るのは、どこにメリハリを付けるかという点。
メリハリがあってナレーションは面白くなるが、 
全部テンション高くやってしまうと、あまり面白さは出なくなってしまいがち。
 
メリハリのポイントは頭でおどかして、お尻にピークを持ってくること。
頭をポンッと出て、中盤は焦らずに すぅっと軽く、お尻はカンッ! です!!
(覚えやすい例え!!)
 
また、ひとつテクニックとして、
抑揚を抑えると逆に感情的になる、ということも学びました。
 
 
他にもいろいろ吸収出来ました!
今回の授業でも、改善できることがたくさんあると気付いたので、
まだまだ成長できそうです♪

製作会社

土曜Bこりん星です。

初ブランディング。

局のあれやこれ。ナレーターが決まるまでのあれやこれ。

CMに関係する環境に少し足を突っ込んでいるので、納得するところもありました。

それはナレーター要望はざっくりというところ。

たとえば…

このCMの感じから女性でしょ?

とか

サンプル貰っても聞く暇ないからお任せ。

とか

重宝されるのはどんな方かといえば、色んな事に対応できる人。

ざっくりですが、CMのナレーションについて良し悪しは何となく分かる。

CMに関しても、【視聴率】は気になるところ。局だけじゃないわけですね。

視聴率1%は何世帯??

単語しか知らなかった私としては、もう少しそこを意識して見てみようと思いました。