あおい先生・報道オプション

皆さん、ご機嫌いかがですか?
アドバンス福田ちひろです。

昨日、あおい先生の報道オプションに参加致しました!

前期ネクストのレッスンで、あおい先生に
「福田さんの読みは昼っぽさがないね」
「夜っぽい雰囲気を感じる。
いまの読みだとちょっと昼には重たいけど、もっと磨かれれば夜の報道で使えるかも」
といった旨のお言葉を頂きました。

え!昼は無理?!?!がびーん…
と思ったものの、「夜っぽさ」は個性になるのかも?
今の読みが磨かれれば。
今の読みが磨かれれば…!

ベーシックのレッスンで藤本先生に
「福田さんは福田さんらしさを
身につけるのが急務だね」
と言われたこと。
猪鹿蝶夏のイベントで
「オールラウンダーは器用貧乏になりがち。
2番手、3番手になりやすい」
と言われたこと。

自分らしさってなんだろう?
個性ってどうやって磨くんだろう?
と、もやもやと重く考えていた私には、
もしかしたらこれが個性になるのかも!と
突破口が見つかったような
気持ちでした。

以降、
「夜っぽさとは?!」
「わたしらしい読みを磨きたい!」
をテーマに練習、
サンプル収録を行なっていたので
その成果をあおい先生に
聴いていただきたかったのです。

わたしのプレイは、
聴き返すと割とベッタリしていて
軽やかにシャープにプレイされる方に
憧れがありました。
ベッタリした感じ、直さないとなぁ…
と思っていましたが、山上先生に
「君の読みはベッタリしてるよ。
でもそれがいいところでもある」
と言っていただいたことも大きかったです。

ないものねだりをするのではなく、
いまもっているものでどう戦うか?
昨日のオプションで他の参加者の方が
あおい先生にこうアドバイスされていたのですが、
自分に重ねて、
これでいいんだ!と思うこともできました。

あおい先生からは、aの母音を伸ばすクセがあると
アドバイスを頂きました。
同じ番組でこれが何度も繰り返されると
しつこい感じがすると。
聴いてみると、なるほど…!
確かに間延び感ある。
帰宅し、アドバイスを元に録音をしてみましたが
母音を短く読むとシャープさが出て聴きやすい!
ただもしかしたら、ところどころで意図的に使ってみるのはアリなのかも。

そして、文章をサラッと読みがち。
あえて間をとったり、大事に読むことで
印象に残ったりする。
わたしは気をつけないと
読みが早くなりやすいのもあります。
文章の意味を大切にする、
人の言葉を自分の言葉に変えて読むのがナレーション。
という言葉が心に響きました。

今回、わたしは初めてのオプション参加でした!
普段のレッスンでも多くの発見があり、
知識が頭からこぼれそうになる時もあるのですが!
オプションではさらに濃い時間を
過ごすことができ、感動致しました。

わたしは今期が4期目。最後です。
アドバンスは座学のみなので、
ベーシックやネクストを並行して
受けた方が良いかと
当初は悩んでいましたが、
山上先生より、
うまくオプションを活用すれば良いよと
アドバイスを頂いたことで、
オプションがぐっと身近になりました。

今回は参加させて頂く形になりましたが、
自分の課題にどう向き合うか、
どんなレッスンが必要なのか?を考え、
課題をもってオプションを受けること、時には開催すること。
それだけでも意味があるし、
参加してみるとものすごくたくさん
得るものがあると感じました。

バーズでは悩みに向き合ってくださるシステムがあり、
声をあげればこうして応えてくださる素晴らしい先生方がいらっしゃいます。
限られた時間を後悔のないように過ごしたいな、と改めて思いました。

今回、オプションを開催してくれた古賀さん!
とりまとめ大変だったと思います。
ありがとうございました!
心から感謝しています。

あおい先生からは、
時に優しく、時に厳しく、
時に笑いを交え、
大切なことを
これでもかこれでもか!というくらいに
教えて頂きました。
あおい先生!お忙しい中、
貴重なお時間を我々のために使って頂き、
本当に本当にありがとうございました!

長くなりましたが、ここまで読んで頂き
ありがとうございました。

福田ちひろ

あおい先生のスタジオ見学&オプション授業で学んだこと。

おはようございます!秋11期アドバンスの古賀安沙美です。

10月31日、あおい先生の収録現場を見学させていただきました!
この日は『沸騰ワード10』のPRとサブ出しの収録でした。

待ちに待った初めてのスタジオ見学!!
あおい先生のプロの姿を目の当たりにし、
テレビナレーターへの意識が変わりました。

まず、原稿のチェックの素早さや、収録中に原稿の文章の修正や提案もされている姿、やり取りをしている姿を見て、
もう、もう、本当に。。開いた口が塞がらない。。

ナレーターは読みだけでなく国語力や反射神経、提案力も必要なのだ。。

驚きの連続でしたが、一番の驚きは、あおい先生がナレーションを収録されているその姿でした。

その姿を見た瞬間、山上先生の授業で言われたことが脳裏に浮かびました。

“フィジカルに問う”という言葉。

あおい先生の姿を見て、今までの自分は甘かったなと痛感しました。

そして、“勢いをつけたい時、分からなくなった時はフィジカルに問う。”という、
バーズ1期目から習っていたことが思い浮かび、、バーズ4期目となる今現在、いろいろと考えさせられました。

また、スタジオの雰囲気がとても和やかで活気があり素敵でした。
あおい先生が我々見学組を自然な流れでスタッフさんとの話の輪に入れてくださり、スタッフさんも気さくに話しかけてくださって、本当に嬉しく、ありがたかったです!!

今回初めてスタジオ見学をさせていただきましたが、ナレーターの在り方だけでなく、映像を作っている方のことも知ることができて意識が変わりました。
一つの番組が出来上がるまで、たくさんの方々が関わっているのだなと、知っていたようで今まであまり意識できていませんでした。
企画し、取材をし、映像を撮りに行く方々、編集、音効、制作する方々、ナレーションの原稿を作る方、ナレーションを録ってくれる方、指示を出してくれる方、取材を受ける方々、番組に出演されている方々、キャスティングする方々、偶然その撮影現場に居合わせてインタビューを受けた方々などなど、
書き出せないくらい本当にたくさんの方が関わっているものなのだなと感じました。

そんな多くの方々が関わり結集して作られた番組に、ナレーターとしてどう貢献できるのか、しっかり覚悟して臨まなければと思いました。

あおい先生、沸騰ワード10のスタッフの皆様、この度は貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

そして、アドバンスの授業にスタジオ見学を盛り込んでくださったこと、本当に感謝しています。

早速、今日19時から『沸騰ワード10』があります!
スタジオ見学させていただいた時のVTRは来週放送の予定だそうですが、今日の放送も楽しみで仕方ありません!(*゚▽゚*)

ーーーーーーーー
ここまで読んでくださった方…もっと長くなってもいいですか?

実は、このスタジオ見学の二日後である昨日、あおい先生の報道オプションを受けました!

いろいろな講師の方から言われていたことが、ここにきてようやく腑に落ちた、、と思います。
あおい先生から言われた、良い意味で諦めること、という言葉が分かりやすかったです!

“自分の素材はこうなんだから、この素材でどう勝負するのかを考える。
どういう感じがアピールできるのか、どんなものが一番ハマると思うかを自分で判断する。”

今の読みから、引っかかりのある読みにするためには、そこが必要なのかなと思いました。

前期のあおい先生の報道の授業で、よりよくするためには、あとは自分で考え判断していくこと、と言われていたので模索していました。
そこで考えたものが、音圧のある、かっちりしたかっこいいスタイリッシュな読みが必要なのか??というものでした。

そこで今回それを意識して読もうと臨んでいたのでした。
(私は未だにかっこいいスタイリッシュな読みに憧れていたーーー!!!(汗))
諦めが悪い私でありました。

度々私はかっこいい系ではないと以前のサンプルの感想でも教えていただいてたんです!
でも、またこうやって憧れを追い求めていた、、

現実と理想は違うことを早めに理解することが大事なのだ!

自己受容自己受容!!自己受容できていなかった。
一旦、かっこいいスタイリッシュ&できる女な読みは、良い意味で諦めて、自分の素材の勝負の仕方を考えます!(ハマる時間帯はどこなのかも…)
そして磨いていきます!なければ作るのみ!

アドバンスの授業を受け始めたからか、捉え方が変わりました。
以前はかっこいい系ではないと言われた時、ショックを受けていました。
しかし今は、かっこいい系ではない、ということを再認識することができて、一つ悩みが減りました。
数ある種類の中で、自分の素材とは違うものを見つけることができたんだ。
と前向きに捉えています。
(消去法で絞っていくのもありなのか?絞っていけるのか?はまだ分からないですが…)

もっと客観的に見て判断していこうと思います。

あおい先生、お忙しい中オプションのレッスンを快く引き受けてくださって、さらに濃密な授業をしてくださって、本当に本当にありがとうございました。

西は大変じゃ~‼

皆さん、もう11月ですね。早い…。
水曜Bの岡田千佳です。

滑舌のレッスンだったのですが、それより何より、私の前に立ちはだかったのは!

アクセントと無声化でした!

ううっ、久々にアクセント辞書に再会が決定しました。

益々鋭敏な耳が必要です。
やること増えて笑っちゃいますが、このまま笑いながらいきます!

本日もありがとうございます!

ロジック発声

(土曜B)充実した私生活 どうもこりん星です。

え?

声が響かないからもっと強く出してと言われる?

お腹から出してって力みすぎて出来ない?

悩んでいる時点でもう答えは出てるんじゃない?

『…身体で感じるの』

もし、納得できなかったら、保留にして、ひとまず受けて見ない?

『ロジック発声』

byブルゾンこりん

というわけで、今回もイラスト交えてまとめてみました。

今の自分に響くもの

土曜ネクスト角川幸恵です。

昨日は山上先生のコピーチェックでした。

レッスンを受ける際にいつも心がけていることは、必ず課題を持って挑むこと!
そして新たな知識を一つ持って帰ること!

今回のレッスンで私が得た知識は、
「できたこと・できないことを半々で評価する」
なるほど!

自分ができなかったことを反省し、それをどうクリアしていくか課題を立てることばかりに集中しがちです。
でもクリアできている部分もある。
どちらか一つだけ見るのではなく、両面をバランスよく見る。
そこで新たな目標も見えてくる。
ちょっと意識を変えてみようと思います。

さて、もう一つ私に響いたレッスンがありましたのでそちらも書かせていただきます。
一週間前のよしい先生のレッスンにて、報道についていろいろとお話を聞きました。
実はこのレッスン、二回目の受講です。
前回も「あっ」とは感じたものの、なあなあにしてしまっていた「日本語」。
今の私にはズッキューンと響きました!

早速よしい先生が紹介してくださった本を購入。
ついでにおススメで上がってきた「間違いやすい日本語ハンドブック」も購入。

知識があると選択肢も増えるし自信も生まれる。
さあ、今の私に必要なものを一つづつ吸収していきたいと思います。

山上先生、よしい先生、
ありがとうございました!

土曜ネクスト角川幸恵

全部繋がってるんだな。

水曜Bの岡田千佳です。

今日のレッスンは『ロジカル発声』でした。

前回のコピーに繋がる、自分の中の具体的な目標、課題を決めていく為の手がかりが沢山ありました。

自分の中で“そうかぁ”と思ったのは、自分が分からないことは、やれないんだな、ということ。

当たり前だ!とつっこまれそうですが、コピーするにも、その対象がどんな要素を持ってるか分かってないとやれないし、分かるための繊細さが大事なんだと感じました。

ん~繊細さ……。

何とか楽しく向き合ってみます。

本日もありがとうございます!

表現とコピーの準備 感想

モノマネは似ていると言われるのに、コピーとなると苦労しました。何で出来なかったのかなぁ?と復習し、講義の内容を反芻した結果、自分なりの答えが出ました。

コピーが出来なかったのは、脳のせいだった!と考えると思い当たる事があります。

難しくさせている原因は、『先入観』で、そしてその先入観の正体は、【左脳による昇華】でした。

左脳は論理 直列
右脳は感覚 並列

左脳が優勢な状態のコピーは、左脳がコピーをやらなくてもいい理由を無理に見出し、
コピーが出来る能力のある右脳の機能を停止させてしまいます。

とレッスンで脳の機能をわかりやすく教えて頂きました、モノマネは出来るのに、コピーが何故出来なかったのか自分なりに解釈すると。

今までのこりん星の脳の状態
★モノマネ→右脳が働く
☆コピー→左脳が働く (義務感による緊張のせいかっ?!)

ようになってたのかなと思いました。
左脳と右脳の働きを自分なりに調べ、右脳は映像と照らし合わせると記憶しやすくなることがわかりました。

私がモノマネをする時の脳内の状態は、
映像と音を脳内でテレビのように反復再生、楽しい→右脳が優勢に働く

コピーはまず『上手くできるかな?』『まずはこうしよう。ああしよう』と余計な邪念、思考が【先入観】が入っていた。結果 自分が楽しめていない→左脳が優勢に働く

よしっ!モノマネのように、楽しんで、コピーしてみますっっ、次回の授業で
パワーアップした私を見てください。強めのダメ出し希望です。きらっ!☆
…なーんて。

【(白ワインベースが基本ですが)赤ワイン×ビール 『ビア・スプリッツァー』は美味ですよ!秋の夜長にいかがですか? こりん星】