なんか自由でいいんだ

バーズに通い始めて1ヶ月、早くも自分の中にあったモヤモヤしたものが整理され、変わりつつある。快感!

わかりやすいところでは、オーディションに何故かよく通るようになった。
テレビナレーターの仕事ではないが、単発の企業VPやスマホアプリのニュースナレーターなど立て続けに合格した。

気を付けたのは、
自分が本当に好きなファッションで行くことと
ヘコヘコしないようにすること。
媚びないこと。

媚びる女なんて大嫌いだと思っていたけれど、気がつけば自分がそれだった。

思い返せば、
大学時代の私はもっと自由だった。

髪型は好きでブレーズにしていて
アディダスオリジナルのジャージが世界でいちばんかっこいいと思っていて笑
通学はいつもそんな格好で初対面の人に怖がられたり異性に奇抜なファッションをからかわれたりもしたが、あんまり気にしてなかった。モテてたし。

なのに、私はアナウンサーを目指す。
面接に全然通らずに悩み、
「あなたはもっと人に好かれる努力をした方がいい」と言われて変わろうと努力した。

なんか疲れたな、
と最近思っていたところで、
わかりやすい「親しみやすさ」や「万人受け」を手に入れた変わりに、華も毒も薄れてしまったような気がしている。
もっと自由でいいんだな、と思えるようになった。

仕事をさせてもらえるのは有り難いことだけど、
理不尽な思いをしたり、
自分の力が正当に評価されないような現場は、
明日にも辞められる覚悟で望みたい。

それから、
とりあえず見た目からもいうことで、
無難なファッションは辞めようと思う。
その方が、インスタ映えもするし♪

本多真弓

コピーとレッスンと私…

おでんが美味しいこの頃、皆さん食べてますか?
水曜B岡田千佳です。

ちなみに牛スジが好きです(笑)

さて、コピー2回目のレッスン。
前回の『コピーじゃね~』は何とかクリアして受けることが出来ました。

今回は、『構成と引く表現』
一番心に響きました。

勿論、細かなとこなんかも掴んでいく箇所はありますし、きりがない。

それ以上に課題が具体的に出来て良かった、と感じました。
前回はそこまでもいかなかったので…。

あと、個人的に…コピーが、おもしろいなと…思い始めていたりします。

いや!大変ですよ!
できてる訳じゃないし!

ただ、改めて自分なりに発見出来たことがあったり、自分にないリズムや音に苦労しながらも、その幅の広さに感動したり。

とりあえず、一歩。
また進めたかなと思います。

本日もありがとうございます!

「選ばれていくために」という視点

こんにちは。土曜ネクストのムライシです。

先週の土曜は、大江戸先生による「バラエティの型」のレッスンでした。すでに何名かの方が感想を投稿されていますが、私も自分なりに思ったことを書いてみようと思います。

大江戸先生からいただいたアドバイスは「聞いてもらえる舞台をつくるために、”驚き”をしかける」ということでした。
「どう技術的に上達するか」というだけでなく「どう選ばれていくのか」という視点からのお話だったように思います。

すごく根本的なことなのですが、正直に書くと、まず私にはこの「聞いてもらうために、選ばれていくために」という視点が欠けていたのではないか、と思いま した。
バーズに入学して半年、新しい学びに出会い、たくさんの魅力的な人たちに出会って、浮かれていたのもあるかも知れません。うまく言えませんが、学びが目的になりかけていたような気がします。
でも、本当に私がナレーターとして生きていくつもりなら、選ばれていかなければならないし、そのために勝負をしなければならない。
そもそも、私の読みを聞いてもらえる舞台を、誰かが無償で提供してくれるわけではないのだから、それは自分で生み出すより他に方法はない。
バーズに通われている多くの方にとっては、当たり前に理解していることなのかもしれません。
しかし私は、大江戸先生の言葉で改めてそのことを考えました。

そして、「”驚き” をしかける」ということについて。
まだまだ、全然わからない。これからよく考えます。

例えば、私が選ぶほうの立場であるとすれば、想定外の化学反応が起こるかもしれない、という予感を感じるほうを選ぶと思います。
ものづくりに携わる人はみんな、自分の予想を超えた未知なる面白さを追い求めていると思うからです。
そのような予感を与え得るのが”驚き”なのかな。
では、具体的にどのような音や表現が”驚き”なのだろう。それはこれから探ります。技術的なこととも切り離せないことだろうから、同時進行でがんばろうと思います。

始めてブログを書きましたが、自分の考えや想いを公表するのってすごく怖いですね。

でも、発 信する側に立つ限りは、この怖さを乗り越えたいと思います。

ムライシ

実践滑舌 感想

土曜B こりん星です。

昨日のレッスンで学んだ事を早速試してみた所、不明瞭に聴こえた箇所、詰まる場所が随分解消されました。しかも短時間で。

予習の段階で、解消させるやり方が勘違いしていたり、盲目な箇所があったり、癖が出ていたりしてたなぁと気づく事も出来ました。

よろしくお願いしまぁぁぁす!!!

土曜B17時の田村です。
長くなりますが、是非読んで頂けたら嬉しいです。

昨日の松田先生の『実践滑舌』のレッスンを振り返って。

①このレッスンにどう望んだか
②このレッスンで自分ができたこと
③このレッスンで自分ができなかったこと

この3つを軸に書きたいと思います。


今回は宿題が出されていたので、その文章を何度も読み込みました。前ページの滑舌トレーニングも数週間ですが、継続して行ってきました。滑舌を意識することはもちろん「その番組をあなたがナレーションするように」という宿題だったので、自分なりの表現も盛り込んでやろう!という思いで練習し、レッスンに臨みました。


「自分なりの表現を盛り込む」、自分はこう読みたかったんだ!という思いは、少しばかりはプレイに出せたと思いました。その表現が合ってるか間違ってるかは今の僕にはまだわかりません。ただ、迷いはありませんでした。


ですが、、肝心な「滑舌」です。なかなかな程にボロボロでした。分かっていてもなかなかスムーズに読めない悔しさ。プレイ後の松田先生のアドバイスを受け、自分が「滑舌」をすっ飛ばして、「表現」に向かってしまっていた事を再認識しました。的確なアドバイスを下さった松田先生には感謝です。

・「しゅ」の発音(出場、出場者数、出場者中、など)
・1音1音、当てるべきところに当て、前に飛ばす事
・ゆっくり滑舌を意識して丁寧に読む

特にこれらが、今回のレッスンで僕が得た課題です。基礎の徹底ということです。

そして、これからこの課題に挑んでいくわけですが、、

正直、、自分1人じゃわからんこともあるわけです(T_T)
しかもやり方を間違えたまま進んでいくのは、ちょっとしんどいですわ(T_T)

そこで、再来週と来月にも松田先生のレッスンがあります。滑舌はすぐに成果が出るわけではありませんが、自分の努力の方向、やり方が間違っていないか、その都度、是非助言を頂きたいと思っている次第です。

もちろん、クラスの皆さんとは毎週お会いするので、情報交換などしていきたいと思います。もちろんこのブログへのコメントでも構いません。FBも積極的に活用したいので。

何卒、
『よろしくお願いしまぁぁぁす!!!』

(引用:映画『サマーウォーズ』より)

※この画像で笑った人、僕の勝ちですね^ ^笑

嘘です(笑)
ここまで読んでいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

田村与宜

大江戸先生3連発です

☆大江戸先生3連発です☆

こんにちは、土曜ネクストのたちかわです。苦手なバラエティを克服しようと受験したバーズ、半年間ベーシックを受講して今ネクストで学んでおります。

バラエティが苦手な訳…自分では「大きく弾けられない」「声質がバラエティ向きではない」こんな風にずっと思っていました。しかし!!昨日大江戸先生の授業でアドバイスしていただいたことがかなり自分の胸に突き刺ささりましたのでこちらに書いてみたいと思います!

・自分の評価は大体間違っている、人の意見を聞く
・ナレーションを別の言語として学ぶ
・聴く人の耳に違和感を残す

前クール後の講師の方々の評価では、私は「読みが古い」でした。今のバラエティーを学ぼう学ぼうとひたすらテレビをつけてナレーションを真似しながらブツブツ…それを録音して、自分はこのナレーターさんと何が違うのかを何度も聴いて考える、そんなことをしてはいましたが、なかなか思うようにいかず…そんなうやむやした日々でした。

昨日の授業で大江戸先生から具体的なアドバイスを受けハッとしました、私は「アナウンサー読みになってしまうからバラエティーらしくならない」んだと。「こことここは聴いている人が恥ずかしくなるくらいのセクシーな感じで読んでください、そしてここはガラッと変えてなげやりな感じで」そうか!私は今まで原稿には一貫性がないといけないものだと勝手に思っていました。一人の人がいくつもの声色を使い分けてその原稿を楽しくさせる、そして豪華に演出する、ナレーションにはそれが必要なんですね!(羞恥心を捨てて読んだところ、とても気持ち良かったです(笑))

声色の研究のため、自分の「声色手帳」を作ってみようと思います☆そして声色だけではなく表現も含めたバリエーションを増やしてみます!それらに○○風、○○風などと名前をつけて、プロ野球の選手名鑑のようにデータを書き出す…レーダーチャートも作ったりして?何だか楽しくなってきました!そして、きちんとタイムコードのついた動画でナレーションを練習し、コピーをしながらその読みを書き出して分析する、これも忘れずに…

長くなりましたが、大江戸先生どうもありがとうございました!次のレッスンまでにすべての原稿をいろんなパターンで練習していきますので、またよろしくお願いいたします!!!

土曜ネクスト たちかわ

私が導き出した答え

おはようございます。土曜ネクスト角川幸恵です。

昨日は大江戸先生のレッスンでした。
今日はちょっと長くなりますが、どうぞお付き合いください。

今期の目標は
「一年間学んできたことをレッスンを通じて実践することで、自分の位置を確認する」こと。

バーズ一期目がネクストクラスからスタートした私は、テレビナレーションやバラエティの型が全く分からず悪戦苦闘の日々でした。 原稿をもらうと、まず語尾を上げるのか、下げるのか、上からなのか下から入るのか、どこを抜いてどこを立てるのか、フラットにするところなどを記号で記入していました。 一行目は上からだとすると、次の入りはフラットにしてみようなど、外側から強引に導き出そうとしていたのです。

そしてあっという間に一期目が終了。

そこでハッ!としたのです。
「今までのナレーションとの向き合い方を捨ててみよう!」
失うものは何もないし、過去のプレーや考え方に囚われていると変化できないと思ったのです。

私がとった行動は、
まず、洋服を捨てること。
そこ?と思われるかもしれませんが、新たな一歩を踏み出すのに私には必要でした。
衣装ケースの半分以上を処分。
捨てなければ新しいものが入らないからです。
今まで挑戦したことのないスカートやワンピースを購入。

髪型をチェンジ。
舞台用の黒髪ストレートロングヘアをバッサリカットし髪色も変えました。

舞台役者からナレーターになるための決意表明をこの時したように思います。

次に「在り方や意識」のチェンジ。
この人と一緒に仕事がしたいと思われる存在。
へりくだり過ぎたりせず、堂々と、謙虚に。
そして、学ぶことに貪欲に。

バーズに入ってから沢山の変化が私の中でありました。
「方向性は間違っていない」という先生方のお言葉に勇気を頂き、ひたすら前進。
それでもプレーでハッキリとした評価が得られない状況に、不安や葛藤が常に付きまとっていました。
そして昨日、大江戸先生からプレーに関しても服装の変化に関してもOKを頂いたことでやっと自信が持てたと思います。

実は昨日のレッスン、読む時にこんなことを意識して挑んでいました。
「私の話を聞け!」
迷いはプレーに持ち込まない!
自分のフィルターを通して言葉にする!
私が導き出した答えです。

これからも突き進みます。
大江戸先生、ありがとうございました!

土曜ネクスト 角川幸恵