【宿題】ベーシック・ネクスト生へ/コピーしてきてください


【ベーシック&ネクスト生の宿題】

  ・10/18、10/21 ベーシック山上「表現とコピーの準備」
  ・10/25、10/28 ネクスト山上「コピー論」
  ・11/8、11/11ベーシック藤本「コピーチェック」
の3レッスンで使う共通課題の動画が2点FBにアップされています。

   ◉<女性用・小坂由里子> https://goo.gl/3bdoHn
  ◉<男性用・大江戸よし々> https://goo.gl/GaeTYk
同性の映像を、そのまま”同じ喋り方”になるよう、コピーしてきて置いてください。

コ┃ピ┃ー┃の┃手 ┃順┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP0】練習準備とキーを合わせる
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「繰り返し聴く」ことから始まります。
2.自分の練習も録音して、ズレを確認しましょう
3.全体的な声のキー(調)は、最初の何回かは「できるだけ元のキー」のまま挑戦してみてください。多少苦しい場合もありますが、声の出し方の研究にもつながるからです。自分のキーにして喋るのは慣れてから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP1】まずは緩急をあわせる
━━━━━━━━━━━━━━━━━
おおざっぱに「緩急」をつかみます。同じ「スピード」「リズム」になるよう繰り返し読む。高低と強弱などの細かい部分は後まわし。「教材動画の読み」を何回も聴いて、完コピしましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP2】高低強弱(声色)の変化
━━━━━━━━━━━━━━━━━
スピードに慣れてきた高低強弱(と声色)の「変化」を追います。ここでもおおざっぱに「高くて細い、ドスのきいた低い感じ、途中は柔らかく、語尾はピシっと」などの変化を捉えてみてください。
【POINT】表情をつくる、顎をひく、体を大きく動かす。いろんな声を出すための試行錯誤が必要です。自分でどんな声が出ているかは録音して動画と自分の声色をよく聞き比べてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP3】表現の流れを知る
━━━━━━━━━━━━━━━━━
いったん声に出すのをやめて、ナレーターがなぜそう読んだのか【止め撥ね払い】や【音の入りかた】を考えながら映像を観て考えてみましょう。
番組作りには起承転結の”お約束”があり、シーンがどこからどこへいくのか、カットの変わり目、BGMや、効果音、テロップなど。
その構造を知ることで、読み手たちは反射的に逆算し「次にどんなシーンがくるだろうから、こういうメリハリをつけたい」とプレイできるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP4】ひと呼吸ずつ緻密に
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひと呼吸ずつ(1行ずつ)を、くりかえし真似る。この段階になったら「全体的な声のキー」は、自分にあわせて変えてもらって構いません。
短く緻密にやっていくと、細部の違いがより見えてきます。ひと呼吸ずつ録音して確かめるのが結果的には早道です。
短く緻密にコピーする過程に、【発声滑舌】や【基礎技術力】などの課題。そして【自分強み弱み】をつかむ手がかりがあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEP5】生理を知る(※上級者目標)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
すでにコピーが講師に評価されている上級者の課題です。
たとえばコピーしたナレーターの「特徴的な表現技術」を、異性ナレーターの原稿に取り込んでみてください。
すると‥見えなかった細かい技術や、「読み手の意図」まで見えるようになってきます。やがてどんな原稿や映像でも、「特徴的な表現技術」を応用して読めてきます。そうなるとコピー完成系である【生理を盗めた】といっていいでしょう。

うれしい たのしい

ふわぁぁぁあああ!
女に生まれて よかったあ
土曜B17時小野です。

女に生まれて良かったかどうかはさて置き
本日初日バーズ講義&アフターバーズの帰路電車の中で湧き出たのは
このTVナレーション(表現者)という世界に飛び込んで 良かった!!!
と言う事です。
そして 冒頭タイトルにある通り、
うれしい!!!
たのしい!!!
といった感情が溢れました。

水を得た魚

まさにそんな感じがしました。
(主観)

私はナレーターの仕事をした事もない
ど素人ですが、
自分を解放する感覚を覚えたんです。
自分を抑えなくても良い!
まわりの空気に合わせなくても良い!
ナレーターは表現者という事。
良い感じの解放感。

講義の中の売れる為の17カ条の内
ベスト3に入る位大切なのは
『表現も営業も含めて、決断して行動していける「勇気」』
そう、飛び込む勇気だそうです。

勇気は勝手に出てくるもんじゃない
勇気は自分で取り出すもの。

はい
ではさっそく勇気取り出して
初ブログ投稿 エイやっ。

小野

iPhoneから送信

iPhoneから送信

いま、何ヶ条?

片岡晟です!!!!
アドバンスクラスの!!!!

バーズの哲学「ド頭MAX」。
ブログ冒頭で早速使ってみました。使い方違ってたらすみません。

さて、秋11期が始まりました。
今期の最初のレッスンも、バーズの全てが詰め込まれた講義「ナレーション守破離」。

中でも「ナレーターとして売れるための17ヶ条」は
何度聞いても、というより、
聞くたびに新しい発見があります。

こんなエッセンスだらけの内容を最初の最初に出してしまうとは、
スクールバーズ自体が「ド頭MAX」を体現しているんですね。

講義を聞くタイミングごとに
自分が今必要としている17ヶ条が変わるのもおもしろい感覚です。

僕が今必要としているのは
技術力はもちろん、
メンタルの強さだなあと感じてます。

リラックスできる強さといいましょうか、
いつでもどこにいても、自分が一番仲の良い友達と話している時のような心理状態でナレーションできるメンタルの強さ。

アドバンスクラスでは、
プロのスポーツ選手も実践しているようなスポーツメンタルトレーニングなどにも触れられるようなので、
これを身につけて無敵になろうと思います。

今期が終わった頃には
自分が今できているのは何なのか、
これから必要なのは何なのか、
より鮮明に自己受容できているようになります。

自分を見つめたおすぞ!!!!!
ド後ろもMAX!!!

レッスン初日

水曜ベーシックの岡田千佳です。
これからよろしくお願いします。

私はずっと自分に足りないのは営業力だと感じていました。
ただそれ以前に、自分のことをよく分かっていないのかな?と昨日のレッスンの時に思ったんです。

自分がよくわからないものを、他人に売り出せないよな~と。

また、話を聞いていけばいくほど、あれもやらないと、これもした方が良いなとか、考えていましたが、全部をいきなりやれるとも思えないので(笑) 今自分がやれることから始めよう!とブログに投稿しました。

考えてからやるよりも、やってから考える方が具体的な課題も見つかるのではないかと。

楽しみながら一つ一つ取り組みたいと思います。

初回レッスンの感想( ^ω^ )

はじめまして、こりん星(初投稿)です。

昨日は濃厚な2時間を過ごしました。時間でいうと、30分しか経ってないくらい。アドレナリン出まくり、帰ってもなかなか寝つけませんでした。

さて、昨日は平日ながらも大勢の方々がいらしてました。

初回の講義は…『売れる為にどんな事を準備するか?』

その一歩として私はBlogを投稿(発信)しています。

講義の中で、面白いなぁと思った所がありました。

それは『プレイヤータイプかクリエータータイプか』です。

話の中から推測すると、プレイヤーは論理的思考で、クリエーターは感情的思考…と考えたらいいのでしょうか?

表現が2タイプというとなんだか不思議です。(両タイプの人もいるそう)

そんな2タイプがナレーションのコピーをしたらどちらの方がより近いコピーになるのかなとくだらない事を考えながら聞いていました。

私の中では『プレイヤータイプ』がコピーする能力は高いんじゃないかなと思います。クリエーターは芝居に置き換えたら能力は高いと思いました。

コピーをする

というのは分析力も必要だからです。

プレイヤーはゼロよりもイチから作り上げるのに長けて、クリエーターはイチよりゼロから作り上げるのに長けているからです。

なので、プレイヤーなのかなと、

私の勝手な解釈ですが、答えに至りました。そう考えたら自分がどちらなのかな?と推測は可能です。

ただ、これが合っているかは、講師の方々に聞かないと分かりませんが(^^;;

これ以外にも大変楽しいお話でした☆

秋11期レッスン初日

秋11期入学 水曜アドバンス & 土曜ベーシック 土屋恵美です。

初日の講義を終えて…突然ですが決意表明します。

逃げずに自分と向き合い、
アウトプットする半年にするぞ!

レッスン内容を振り返りつつ 具体的には、
【1】今まで逃げに逃げてきた「発信すること」
SNSはmixi以来…しかし、情報社会から目を背けていたら誰も私の存在に気づいてくれないですよね。
月1回以上 バーズblogに投稿します!

【2】ビジョンを明確に描く
自立したプレイヤーになるための3つの柱 意識改革・プロ視点・ビジョン。
今思えば、ただ漠然と テレビナレーションがしたい と思っていました。ビジョンが曖昧すぎます。
まずは次回レッスンまでに どんな番組のナレーションをしたいのか から描いてみます。

【3】「どあたまMAX」を当たり前にする
学生時代、陸上部の試合の後「本気でやったの?」と言われたことがあります。
当時の私は「練習通りやった」と答えました。
私は練習通りだけど、周囲から見たらMAXではなかったのでしょう。
本番で練習通り出来るのはいいことかもしれないが、普段の練習の質を高めていく必要があると思いました。

こうやって文字に起こしてみて、自分の考えが上手くまとまらないことに気づきました…。
上記の【1】~【3】や 考えをまとめて伝えることが自然にできる自分に 半年後に会えることを楽しみに頑張ります!

拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

秋11期入試の結果を、全員にメールしました

本日9/24(日)14時30分ごろ、秋11期入試の結果を、試験を受けたかた全員にメールしました。
(『復学のかたの作文試験の合否発表』もメールしています)

あす月曜まで待ってメールが届かない方は【迷惑メールフォルダをご確認のうえ】infoまでご連絡ください。
スクールバーズ