アフターバーズと私

現在、アドバンスを受講しています、初子です
バーズの一つの特徴である、アフターバーズ。
軽くアルコールを入れながら、つい先ほどまで真剣に講義をしてくださった講師の皆さんや、クラスを超えての交流の時間が開かれます。
世間話から、いつの間にか授業さながらの質問をぶつけてみたり。
でもどこかしら和やかで、先生もフランクに接してくれるので緊張せずに会話を交わしてもらえるのがうれしかったり、そんな場です。
狩野社長が講義された日のアフターバーズです。
狩野社長とお話できる貴重な時間。
楽しく話し盛り上がるその時、私はある小さな(?)目標を口にしました。
「知名度がいまいちな地元」で、唯一みんなにわかってもらえるお菓子メーカー。どうにかこれを広められないかなぁ。
瞬時に狩野社長から出た言葉。
「そこって、工場見学やってないの?
そこでナレーションが流れているかまず調べるんだね〜。で、実際足運んで。
商品は全部研究して。ただ地元だからって生半可な愛情じゃ、クライアントは動かせないよ?」
営業とはこういうことなんですねーーーーー!!
わたしの中のふわふわもやもやな思考に投げ込まれた”核”。
ドリームが急に現実としてみることができました。
もちろん簡単なことではないのでしょうが、思考は常にビジネスレベル。
夢を追う事は素晴らしい!てよく言いますが、じゃあ実現するにはどうすればよいのか?
その道が笑い声の中でいきなり現れる、それが、
アフターバー−ズ!!
今期も積極的に参加します。
でも終電には帰ります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です