ナレーション自宅録音のあれこれ

P9159215.JPG
【ナレーションの自宅録音について】
第2話・自宅録音のあれこれ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉「練習のためだけどiPhoneよりはクオリティ欲しい」人向けの記事です。
前回の記事はこちら「練習の録音機材はiPhoneアプリで充分!(゜∀゜)の巻
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誰もができれば嬉しい自宅録音。”ボイスサンプルの録音まではちょっと無理”だけど、マイクを使って練習しておくことは大事だし、遊びであっても編集作業に触れておくと表現も広がりそうです。
細かいことは後日補足するとして、今日は自宅録音の大枠だけ。
◉マイクと同じくらい大切「宅録の鍵は防音にあり」。
◉マイクには「ダイナミック式」「コンデンサー式」の2種類が。練習ならダイナミックでも問題ない。
◉マイクとPCの間に『オーディオインターフェース』が必要
◉編集ソフト。Macなら無料で”ガレージバンド”がある
◉録音できるようになったら試してみよう「ちょっとだけ声をマシにする小技」
また手があいたら書いてみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です