飛び込む力。そして人狼。

はじめまして。 春7期ベーシックに通っています。 狼くん です。
私は前回の秋6期からバーズに通っています。
通い始めてから今まで、私に起こった劇的な変化について投稿したいと思います。
私はある事務所に所属しています。 しかし、所属しているとはいえ大手事務所。人数も多く、売れている方に比べ仕事の数はとても少ない。
それでも、諦めたくない、頑張ればきっと認めて貰える。 と思って自分なりにサンプルを作って提出したり、アピールをしていたつもりでした。
でも前期アドバンスに通ってみて、自分が良いと思ってしていた事は実は全く通用していなかった。ということに気付きました。
服装から始まり、努力の方向性の違い、戦略、戦術の違い、本当に目からうろこの連続で、ついて行くのがやっとの状態。
毎週、毎週、驚きと発見がありました。
アフターバーズでは
本当に沢山の方とお話することが出来ました。実際に最前線で活躍されている方々とお話をすることで自分の意識も徐々に変わっていった気がします。
そんな事を繰り返しているうちに、自分でも何か変えられる事はあるんじゃないか、と思えてきました。
そして、サンプルを作ることにしたんです。
「ナレーションがやりたい」
自分がやっていきたいのはこれなんだ。 という思いを込めたサンプル。
スタジオバーズの山上さんにお手伝い頂き、今までの自分では考えもつかなかったサンプルが出来ました。
山上さんありがとうございます!
そして出来たサンプルをどう持っていくか。今までの様にただ持っていくだけでは 同じになってしまう、これをちゃんと聞いて貰うにはどうしたら良いのか?
アドバンスで教えて頂いたジャケットをつけ、 渡す方の好みを考えました。
これは以前アフターで聞いたことを参考にしました。学長、狩野さん、武信さんありがとうございます!
そして 考えた結果、直接 面談を申し込むことにしました。
面談は3対1。 申し込んだものの、さすがに緊張しました。
貴重な仕事の時間を私の為に割いてくれているのですから、
無駄にはしたくない。思いだけでも伝えたい。
その時に ふと思ったのがバーズでやっていた人狼ゲームのことでした。この状況をいかに切り抜けていくか。
相手のことを考えて、いかに自分の意見を聞いて貰えるのか。
私は決してゲームに強いタイプではありません。 でも参加していたから、こういった状況にもすぐに対応できたのだと思います。
面談は 和やかに進みました。 その場でサンプルを聞いて貰い、 自分がこれからどうなっていきたいかを直接伝えることが出来ました。
サンプルを提出してから 一か月半。 私は新たに3件のお仕事を頂きました。
劇的な変化です。バーズで学んでいたからこその変化だと感じています。
まだまだ チャレンジ出来ることは沢山ある。これからもバーズで学んでいき、進んでいきたいと思っています。
最後に。
サンプルを作る際に快く協力して下さった 先輩方。
有難うございます。 私が今、ここにこうしていられるのも素晴らしい先輩方に出会ってきたからです。
ようやく一歩を踏み出しました。先輩方と同じステージに立てる様に前を向いて進んで行きます。有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です