ボイスサンプル体験記

秋8土Bの山浦です。
本日スタジオバーズで初めてボイスサンプルを作成したので、投稿させて頂きます。
【申込みまで】
アフターバーズで複数の先輩方から「絶対録った方がいい。なるべく早い方がいいよ!」とアドバイスを受け、内心「早過ぎるかな?」と迷いましたが、思い切って申込みました。
コースは「エコノミー」、収録目的は「勉強のため」、ジャンルは「TVCM」「ラジオCM」「報道」にしました。
【収録まで】
申し込むと、直ぐに山上先生から原稿が送信されて来ました。その数13本!
この中から4本に原稿を絞り込み、山上先生から手直しされた原稿を再度頂きます。
次は音ネタ探しをしました。
この原稿に合うのはどんな曲だろう?
自分は合うと思っても、実際の仕上がりはどうなるかな?
全ボツの可能性も頭を過ぎりましたが、「提案しないよりしてみよう」と当日CDを持って行くことを決めました。
収録までのレッスンで頂いた指摘を取り入れ、練習練習アンド練習。
私は早口になるので、メトロノームのアプリに合わせて一音一音発声する練習と、地声を出すため「とんぼ」の前奏部分を繰り返しました。
マスターを目指してギリギリまで諦めずとにかくリピート。
【収録当日】
いよいよ当日。
私の初収録は新装バーズ第一号。
何より画期的だったのは、ブースにモニターがあり、調整側が今どんな作業を行っているかリアルタイムで確認出来ること!!
山上先生曰く、「ずっとこれがやりたかったのよ!」という新システムです。
収録中「(読みが)堅いよ」というディレクションを受けた際、モニターに集中して原稿から意識を外せたので大変助かりました。
収録も終わり、今回のサンプルを一通り聴いた山上先生がぽつんと「大手声優事務所の売れないサンプルって感じだよね」、「これ(この読み方)で売れるのはよっぽど上手い人じゃないと」。
その一言で私の中で何かがプツッと吹っ切れました。
上手く読むだけでは勝てない者がどうするべきか常に考えなくてはいけない。下手なら下手の戦い方を自分で編み出さないと勝ち目は無いーー言われてみれば至極当然です。
でも、私はブースの中で「ただ原稿を読む」だけだった。私より上手な人達はごまんと居る。それでは勝てないーー
松田先生が「録り直したい所はある?」と助け船を出して下さり、一本だけ録り直しました。
至近距離で見ていた原稿を外して、アクセントも拍も一旦出来る限り忘れ、ただ淡々とCM原稿を読みました。
【収録その後】
たった2時間の収録で、分かっているつもりでもあやふやだった事や次への課題が見えました。
私にはまだまだ至らない所が多い。でも、サンプルを録る事は出来た。下手だからこそ録らなきゃ始まらない。
自分がナレーターに向いているかはまだ分かりませんが、とにかく進んで行こうと思いました。
山上先生、松田先生、収録中不慣れな私を何度も助けて頂き本当に有り難うございました。
また、収録前に「美味いタコ焼きの屋台を目指しなさい(ジャンルを絞りなさい)」とアドバイスを下さった学長も感謝です。
もし、収録を迷っている方がこの文章を読んで参考にして頂けたら幸いです。
どうもありがとうございました!
秋8土B山浦
追記)収録作業は高校時代の放送部を思い出してとても楽しかったです

「弱者の戦略」を感じた体験談

アドバンスのうりです。今週は山上さんのナレーター研究でした。
どんなボイスサンプルが仕事に繋がったのか、そのサンプルはどういう戦略のもと作られたのか、解説してくださいました。
元々の声に力のある人と、そうでない人とのサンプルの作り方は違う。強者の戦略と弱者の戦略を間違えると苦しいことになる。そもそも走っているレールが違うんだから。というお話。
バーズのサンプルが、どれだけ神経を使って作られているかがわかる授業でした。
このサンプルの戦略ということに関して、ひょえーと思った出来事があったので投稿します。
先日、ある会社に録りたてのサンプルを持って営業に伺った時のこと。友人に紹介していただいたディレクター数名と歓談中、流れでサンプルをその場で聴いていただけることになりました。
原稿を自分で書き、山上さんに修正していただいた今回のサンプル。その際、「君は職からしてクリエイターだし、届ける場所もまずは関係者のところだろう。ここはひとつ、そんな創り手の共感を得られるような仕掛けを入れよう!」と、前半にナレーションとはあまり関係のないくだりを追加してくださったんですね。
この時、私自身は正直ピンと来ておりませんで、
 私「この部分要りますかねぇ…?長くなるし外しません…?」
 山「いや、これが肝なんだから外すとかありえないっしょ」 
 私「……」みたいな感じで腑に落ちてなかったんですね。
が。
この仕掛け部分に、ディレクター陣がことごとく爆笑したんですよ…
さらには、「これは…胸にくるね…」と泣きまねまで…!
これって、私の読みに反応したわけじゃなくて、完全に原稿の内容や構成にグッときてたわけで、ああこれが山上さんのおっしゃってた「弱者の戦略」ってヤツか!と思いました。収録時はとんちんかんなこと言ってホント申し訳ございませんでしたって感じです。おかげさまで、雰囲気の良いまま、おいとますることができました。ありがとうございました!
今後、こういった戦略を自分でたてられるようにならないといけないわけですね。
ボイスサンプルを作る際、自分の希望とは全然違う原稿やプレイを要求されて「?」となることもあるかもしれません。
が、その「?」は、バーズが積み重ねたトライ&エラーから導きだされた戦略なのだと思います。思い切って乗っかってみたら、「?」が「!」に変わるかもしれませんね。

ボイスサンプルを作りました!

年の瀬、いかがお過ごしでしょうか?
初めまして、秋7土Bの小柴寿美子です。
クリスマスイブの日、私はスタジオバーズで
TV用のボイスサンプルを制作してきました。
担当してくださったのは山上先生です。
スクールに通い始めてまだ3か月の私が、今、ボイスサンプルを作ろうと思ったのは
アフターバーズでぼやいていた山上先生の一言がきっかけでした。
「課題をもらって満足しているような、そんなスクールにした覚えはない!」
私には「ベーシックでもチャンスがあれば仕事がもらえる!貪欲になれ!」
と言われているように聞こえました。
新番組のナレーターが決まるのがいつ頃なのかはわかりませんが、
年末年始は、4月の番組改編に向けて各局が動いている頃だと思います。
ダメ元で当たり前!ボイスサンプルを作って営業しようと思いました。
スクールに通う前、スタジオバーズで2回ほどボイスサンプルを作りましたが
秋に行われた入学の説明会のイベント「これが”決めた”サンプルだ!」をustreamで拝見した時、
先輩方のボイスサンプルが凄すぎて、私のサンプルでは仕事がもらえないことを悟っていたので
新しいボイスサンプルを作ることは必須でした。
子育て中なので、練習する時間を意識的に作り出さないと日々流されていく毎日でもあります。
ボイスサンプルを作ることで自分を追い込み、必死になりたい!とも考えました。
今回は「エコノミーコース」での制作です。
「ビジネスコース」で制作した経験もあるので、
その時のやりとりを思い出しながら自問自答を繰り返し、
どんなサンプルにしたいのかを自分なりに突き詰める作業から入りました。
いろんな表現に挑戦してみたかったので、
「バラエティ情報番組」に絞って制作することにしました。
原稿は事前にスタジオバーズから10点ほど送っていただけるのですが、
先輩方のボイスサンプルを聞いていると
みなさんご自身で書いているように思いましたので、
私も自分で原稿を作ることにしました。
 
やり方がわからなかったので、片っ端からバラエティ情報番組を録画して、
原稿を書き起こし、ナレーターさんをコピーする作業を繰り返しました。
気づけば、録画した番組は2週間でざっと50本。
書き起こした原稿は30本分になりました。
先輩方は、どうやってあのようなボイスサンプルを産み出していったのだろう。
そんなことばかり考えていたように思います。
山上先生に完成した原稿データを送ったところ、
あっさりそのまま採用されのが、実は意外でした。
これって、かっこ悪いかな?変じゃないかな~?と、
原稿を作っておきながら、自分の中に迷いがあったんです。
収録日。
「営業用」と意気込んで申し込んだサンプル作りでしたが、
その頃には弱腰になっていて「自分の現状を知るため」と答えていました。
「うまく行けば、営業に使いたい」とボソッと付け足すのが精一杯。
そんなことありえないんですけどね・・・(><)。
音楽も自分で選んで持っていきました。
やるだけはやったんです!
でも、これでいいのか?という不安はずっとありました。
淡々と収録は進み・・・
「これで良ければ後は焼いて終了ですけど、いいですか?」と聞かれ、
ようやく「変じゃないですか?」と聞くことができました。
 
その後、山上先生とお話する中で、
目的と手段を間違えていることを指摘されました。
このサンプルは「手段」に走りすぎていると・・・。
 
「ボイスサンプルは名刺ではなくラブレターだ」ということ
「誰に何を伝え、どうやって渡すか」を考えて作る大切さも教えていただきました。
 
まだ上手く言えないのですが、迷いの源がわかった気がします。
いろんな表現を研究したつもりになり、自分の殻を破ろうと思うがあまり、
伝える相手のことを考えていなかったんですね。
 
初心に返り、地に足をつけて残り三か月間をしっかり学びたいと思います。
山上先生、アドバイスありがとうございました。
私のHPとブログに今回制作したボイスサンプルをUPしました。
年明け、ぜひアフターバーズで感想をお聞かせください。
今後に生かしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、皆様、よいお年をお迎えください。
————————–
秋7土B 小柴寿美子
HP「しゃべり手ぐらし」http://koshibasumiko.jimdo.com/
ブログ「くらしんぼ」http://kurashinbo.com/

ボイスサンプル録りまして

知っている人も知らない方も、水曜ネクストのコバヤシチアキです。
7月に入って、TVナレーション用とCM用、ふたつのボイスサンプルを
スタジオバーズで録音したので、その時感じた思いなど書かせていただきます。
ボイスサンプルを録ったことがない方がいたら、
早めに録ることを、強くオススメします。その理由は後で。。。
今回、TVナレーション用は山上さん、
CM用は松本さんに録音していただきました。
そして、スタジオで千葉さんともお会いしました。
共通して言えるのは、皆さんプレーヤーとしての面も持っているので、
プレイに対して多少なりともディレクションしてくれたのが、
心強かったですし、めちゃめちゃ助けられました!
他のスタジオで録ったことも無いので比較はできないんですが、
「滑舌がどーの」、「音割れてますから」とかじゃない部分、
「もっと明るい感じで」とか、「リズミカルに」のような変化のアドバイスをいただき、
紆余曲折を経て、なんとかサンプル完成に。感謝感謝です!
ここで、話を戻しまして、
僕なりに考える早めにボイスサンプルを録った方がいい理由です。
(僕もサンプル録るまでに、すごく時間かかっちゃいましたんで、だからこそです。)
まず、大前提として、「どういうサンプルを作りたいのか??」というコト。
これはスゴク大事だと思うんで、はっきり明確に!
サンプル申し込みの際にも、
フォームで目的を問う項目がでできますが、コレほんとに重要です!
『今の現状を知るため』『オーディションのため』とかで、
録る側のでき得るアドバイスも変わってきます。
そして、サンプル収録の原稿を選ぶコト!
これも大きなポイントです。
バーズで録音の場合は、収録前にサンプル原稿を十点ほどいただけますが、
その中からチョイスするもよし、自分で番組をチェックして書き起こすのもよし、
全てに何かしら理由を持って、原稿を選ぶとイイと思います。
(僕は今回、全ての原稿を自分で書き起こして臨みました。)
ここで、選んだ原稿の数々が、
思い描くプレイの型だったり、目指すプレーヤーだったりの目標というか、
云わば現時点での自分の中の理想なんじゃないかと思います。
でも理想と現実には大きなギャップがある訳で。。。
(このギャップを人一倍小さくできた分だけ、トップに近づくんだなと。)
てことで、今回僕が選んだ原稿は、ほとんどボツになりました。(打率一割くらいっす。)
自己受容できていたつもりでも、現実に引き戻されます!
『今の現状を知るため』だったら、コレだけでも大きな意味があるかと思います。
『オーディションのため』とかだったら、
現実を把握した上で、今の自分が勝つ方法を考える最高の機会になるんじゃないでしょうか。
目標設定。自己受容と現状把握。そして策を練る。
これが僕なりに考える、早めにボイスサンプルを録ることの意義です。
今回、僕の場合は、サンプルを録る明確な目的があったために、
相談の上、原稿を大幅に変えることになった結果、
目的と原稿、そして現在の自分がうまく合致したみたいで、
自分が考えた構成とは見違えるほどの、
非常に意味を持った、等身大のコバヤシチアキらしいサンプルが出来上がりました。
その分、山上さん松本さんには、お手数おかけいたしました。
特に松本さんには、まるでスラムダンクの名言にある、
「お前は鰈だ。泥にまみれろよ!」のような、ハッとなる助言をいただき、
自分らしさだったり、方向性までも修正していただきました。
感謝しています!ありがとうございました!
長々書かせていただきましたが、
水曜のアフターバーズ(たまにミッドナイトにも)に、ほぼほぼいますんで、
是非サンプルを聴いていただき、
あまりにも長くなるため書ききれなかった思いや考えを、
直接お喋りさせていただければと思います。
それでは8月中盤に、アフターバーズで!

はじめてのボイスサンプルを録り終えて

初めてのボイスサンプルを録り終えて
水曜ネクストの坂口貴美です。
こんばんは。
昨日、はじめてナレーター用のボイスサンプルを山上先生に作って頂きました。
カウンセリングから始まり、山上先生には本当にお世話になり、ありがとうございました。
カウンセリングの際に、山上先生から自己受容のお話をお聞きしましたが、収録を終え、まさしく自分と向きあうボイスサンプルになりました。
今回ボイスサンプル作成にあたり、既存の原稿をたくさん送って頂きましたが、原稿は自分でおこして持っていきました。その理由は、既存の原稿は上手に表現する方がたくさんいて、
ナレーターの勉強をし始めてまだ半年あまりの私が上手な方に勝てる訳がない・・・それなら少しでも私らしさを表現できるものと思い、原稿を作ってみたのです。
ですが実際原稿を作ってみると、私が作った原稿は、読みにくい、しかも自分でつくったのにも関わらずどういう風に表現していいかわからないという情けない有り様・・・・。
あらかじめ山上先生から送って頂いていた原稿はさすがプロのお作りになったもの・・・まとまりがよくとても読みやすい。
何度も既存のものに変えようか・・・とも思いましたが、初志貫徹を貫くことに決意。
そして昨日の収録を終えて・・・
原稿うんぬんの前に、自分の技術力の無さ、表現力の無さ、メンタルの弱さ、現在の自分を受けいれなければいけないたくさんの課題に直面。
後から聞き直して、ここはこう読むべきだったのに・・と思ったり、リズムの悪さや変な間や変な読み癖も気になる。でもこれはいつも先生方から注意されていることばかり。
自己受容はとても痛いけれどしなければ前に進めない。
そして原稿については、まだ技術が未熟なレベルなら、無理をせず、読みやすい原稿で臨んだ方がよかったのかなと思いましたが、
それも私の甘さ。プロになればどんな原稿が来ても即座に表現できるようになってないといけない。自分の技術が追いついていない証拠だなと実感しました。
へこみましたが、これが今の私の現状、それが見たくない聞きたくなら、うまくなるしかない。。。
はじめてのボイスサンプルを取り終えた今の感想をひとり言のように書かせて頂きました。(申し訳ありません)
このように書くと、昨日のボイスサンプルの出来は、相当悪かったように思われるかもしれませんが、実は気に入っているところもあるのです。
それはボイスサンプル作成にあたり1番始めに大切にしたいと思った自分らしさで、少しでも私のキャラクターを出したいと思ったことです。
はじめて作ったサンプルには技術はありませんが、私らしさという部分は残った気がします。
技術も未熟、原稿も未熟で、収録にも3時間もかかってしまい、映像セミナーも控えていらっしゃった山上先生には、本当に本当にご迷惑をおかけしてしまい
申し訳ありませんでした。山上先生は、カウンセリングの時に私がこういうサンプルを作りたいという思いをくみ取って下さって、
少しでも私の個性を引き出そうとして長時間ご尽力下さっていたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
山上先生、本当にありがとうございました。
今回のボイスサンプルは自分の現状をしっかり知る為のものになりました。ですが次回は聞いて下さった方が私に興味を持って下さるようなボイスサンプルになる様、
また今日からがんばります。
また、アフターバーズで、私のボイスサンプル第1号を皆様に聞いて頂きたいと思いますので、その際には申し訳ございませんがご意見をよろしくお願い致します。
山上先生本当にありがとうございました。
そして、映像セミナーをお受けになっていらっしゃった皆様にも、私の収録が伸びた為に、大切な時間をお待ち頂くことになってしまい本当に申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。
水曜ネクスト 坂口貴美

飛び込む力。そして人狼。

はじめまして。 春7期ベーシックに通っています。 狼くん です。
私は前回の秋6期からバーズに通っています。
通い始めてから今まで、私に起こった劇的な変化について投稿したいと思います。
私はある事務所に所属しています。 しかし、所属しているとはいえ大手事務所。人数も多く、売れている方に比べ仕事の数はとても少ない。
それでも、諦めたくない、頑張ればきっと認めて貰える。 と思って自分なりにサンプルを作って提出したり、アピールをしていたつもりでした。
でも前期アドバンスに通ってみて、自分が良いと思ってしていた事は実は全く通用していなかった。ということに気付きました。
服装から始まり、努力の方向性の違い、戦略、戦術の違い、本当に目からうろこの連続で、ついて行くのがやっとの状態。
毎週、毎週、驚きと発見がありました。
アフターバーズでは
本当に沢山の方とお話することが出来ました。実際に最前線で活躍されている方々とお話をすることで自分の意識も徐々に変わっていった気がします。
そんな事を繰り返しているうちに、自分でも何か変えられる事はあるんじゃないか、と思えてきました。
そして、サンプルを作ることにしたんです。
「ナレーションがやりたい」
自分がやっていきたいのはこれなんだ。 という思いを込めたサンプル。
スタジオバーズの山上さんにお手伝い頂き、今までの自分では考えもつかなかったサンプルが出来ました。
山上さんありがとうございます!
そして出来たサンプルをどう持っていくか。今までの様にただ持っていくだけでは 同じになってしまう、これをちゃんと聞いて貰うにはどうしたら良いのか?
アドバンスで教えて頂いたジャケットをつけ、 渡す方の好みを考えました。
これは以前アフターで聞いたことを参考にしました。学長、狩野さん、武信さんありがとうございます!
そして 考えた結果、直接 面談を申し込むことにしました。
面談は3対1。 申し込んだものの、さすがに緊張しました。
貴重な仕事の時間を私の為に割いてくれているのですから、
無駄にはしたくない。思いだけでも伝えたい。
その時に ふと思ったのがバーズでやっていた人狼ゲームのことでした。この状況をいかに切り抜けていくか。
相手のことを考えて、いかに自分の意見を聞いて貰えるのか。
私は決してゲームに強いタイプではありません。 でも参加していたから、こういった状況にもすぐに対応できたのだと思います。
面談は 和やかに進みました。 その場でサンプルを聞いて貰い、 自分がこれからどうなっていきたいかを直接伝えることが出来ました。
サンプルを提出してから 一か月半。 私は新たに3件のお仕事を頂きました。
劇的な変化です。バーズで学んでいたからこその変化だと感じています。
まだまだ チャレンジ出来ることは沢山ある。これからもバーズで学んでいき、進んでいきたいと思っています。
最後に。
サンプルを作る際に快く協力して下さった 先輩方。
有難うございます。 私が今、ここにこうしていられるのも素晴らしい先輩方に出会ってきたからです。
ようやく一歩を踏み出しました。先輩方と同じステージに立てる様に前を向いて進んで行きます。有難うございました!

ボイスサンプル収録

来期からアドバンスを受講させていただきます、タダウチです。お疲れ様です。
本日、ビジネスコースでボイスサンプルをとらせていただきました。
カウンセリングでは、「毒りんごちゃんって何?」「最後催眠術がぼわーってかかったようにって、どうやって?」「それ、誰にどう伝えたいの?」「ビジョンはあるの?」
「いや〜・・・ えっと・・・」から始まり、業界の厳しさや自分が一歩抜きん出るということの奇跡に近い大変さに、現実はここまで厳しかったとは・・・・と、号泣。山上先生に、「ホイップクリームみたいだね」と言われるくらい、ゴミ箱の底が見えなくなるほどバーズのティッシュを消費してしまいました。
考えてみたら、ナレーターを目指し始めてから、ナレーションに関することで泣いたのは、これが初めてでした。
でもでもでも!!
バーズに通い始めてはや1年。
なんていうか、なんていうか、いろんなことがつながったんです!!
授業を受けて、「なるほど。ふむふむ」と納得しているつもりで聞いていても、
ワタクシ、きっと、アルフォートでいう、ビスケットの部分でしか吸収しきれていなかったことがたくさんありました。
今回のボイスサンプルを収録したころで、ポンポンとチョコレートがくっついて、アルフォートがいっぱいできました!
言葉にすると嫌というほど当たり前かつ平凡になってしまいますが、表現というのは、もっと自分でいいんですね!! こんなに自分でいいんですね!!(←太字で解読お願いします)
ということが、ちゃんと私の体内の血にようやくきちんと溶け込んだ気がします。
今回のボイスサンプル収録で、努力をする方向性がくっきり見えました。山上先生。本当にありがとうございました〜!!