分析

ベーシック土曜クラスの西山果鈴です。
昨日は松田先生のレッスンでした!
まず、ベーシック宿題「ナ・ハ・マ」を見ていただきました。
私は噛まないようにすることとアクセントに意識を向けすぎて、前回のレッスンで教えていただいた「日本語は一文字一拍」がすっかり頭から抜け落ちていました。
長音が落ちてしまいがちなのは、山上先生のレッスンでも前回の松田先生のレッスンでも指摘されたことです。
指摘していただいたことは自分の弱点として常に意識していかないとダメだなと改めて思いました。
そのあと原稿の分析の仕方について教えていただきました!
・強調する部分は修飾語。
・それを音の高低、緩急、間、強弱で表現する。一番重要なのは音の高低。
シンプルでわかりやすい!
自分でやったとき、音がほかより低くなってしまう修飾語があったので、それをなくしていくようにしたいです。
アフターバーズでもためになる話をたくさんしていただきました。
松田先生ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です