興奮を書く!!

こんばんは。水曜日コアのニイヤです🌻

先日、3回目となる墨屋先生のボイトレを受講して参りました。

オプションレッスンを含めると4回目。
実はとても興奮する出来事が2つもありました!

まずは1つ目。
それは自分の知らない「響き」を知れたことです。

約45分という長い時間をかけて、墨屋先生に導いて頂きながら身体を起こし、解いて、整えて、いざ「音にしてみて」と言われた瞬間。
人生で初めて、感じたことのない部分での響きと筋肉の震えを感じました!
そして声にすることの難しさに苦戦しながらですが、めちゃくちゃ楽なのに、響きと音って出るんだ!!と驚いたんです。

そして…その響きと音が良い!!
こんな音が私の中にあるなんて知らない!!なんだこれは!!と驚愕し大興奮でした。

そして2つ目。
伸びなかった呼吸の秒数が3倍に伸びていたことです。
実は私、個人のボイトレを開始する前に行うグループのオプションレッスンにてただ1人。墨屋先生が仰っていること、やってことが何かが全く分からず迷走を繰り返していました。
そして知る自身の絶望の状態。
呼吸が「30秒も続かない」

ただただ悔しかったのを覚えてます。
見て頂いた結果、やろうとする気持ちが大きくて力む、つまり呼吸の仕方から間違っているとのこと。

それが先日のボイトレで、「90秒は超えてたよ!」と、びっくりしすぎて本当ですか!?と何回も確認してしまいました。

まだまだ身体に染み込んだ間違いを直し、リラックスした状態を身体に擦り込ませていってる途中ですが。
こうして自分の中に希望と、いいなと思う状態が見えたことは自身のモチベーション向上と課題が明確になるのでとても良い時間になりました。

あの感動した状態は、幻じゃなくてしっかりと自分自身に起こったことなので、身体に落とし込んだ時の楽しみができてわくわくしています。

いよいよ冬本番。
寒さが大の苦手で、意図せず身体が固まりがちなので、ストレッチ含めしっかり解してあげようと思います。

それでは!
水曜コアのニイヤでした!🌻

石直球

好きな妖怪はべとべとさん!

どうも土曜コアの渋谷裕輝です!

今回の授業は墨屋先生の「フラットストレート」
自分の癖だらけの読みを痛感しました…

必要でない抑揚、語尾の下がり方など自分では普通だと思っている読みが癖の塊であること。
それらをコントロールし、真っ直ぐ読むことのなんと難しいこと…
グループを作ってお互いの読みをコピーし合って、癖を見つける時間は難しかったけど非常に刺激的で楽しかったです。

抑揚をつけるのは自分の間や楽さを優先し、
自分ファーストになっている
何もしないことの難しさ、何かをすることの危険さ
単語で拾わず、何を伝える文章なのかを考える

かつて阪神の絶対的守護神だったオ・スンファンの石直球かの如くズシンズシンと胸に響く墨屋先生の言葉の数々

そして先生がポロッと仰った「いくらコピーをしても自分を見失うことはないよ」の一言に救われる…
そんな素敵な時間でした。

“何を読んでも同じ”からの脱却!
頑張ります!
墨屋先生ありがとうございました!!

価値観の整頓

今回は藤本先生の「表情で表現」でした。

ご自身の体験も交えながら、それぞれ皆にとても親切な交通整理をしてくださいました。

次のコピーの授業が楽しみです!

振り返ってみると、ボイスダイヤモンドの藤本先生のご紹介ページに

「こいつ、ホントにいいヤツなんです。お茶が美味しくなる声。」

と書かれているのがなるほど納得!

それにしても、お茶が美味しくなる声って良い表現ですね〜☺️

言われてみたいですね!

秋16期コア・ヤスクニアイナでした!

「守」の凄まじさ

先日は墨屋先生による「フラットナレーション」でした!

またもやカルチャーショック!

ストレートナレーション改めフラット。

素晴らしいネーミングです。

着眼点ならぬ着耳点…

耳を鍛えなくてはという気持ちが更に膨らみました。

ご一緒している皆さんの賢さと耳の良さに助けられています!

ざっくりしたルールを把握したところで

それを4行も5行もある文章ででもできるのですか…?それは本当に私達にも適用していいルールなのですか…!?

と混乱。すごい顔をしていたと思います笑。

ふわっとしか理解できていないと思いますが、

究極的にはオリンピックのようなジャンルですね…!?

というもはややや他人事のような感想が生まれました。

10年かけたとしても完璧にできるようになるだろうか?

と不安になったものの、

墨屋先生の「ずっと真っ暗闇で当然だから不安になる必要はない」というお言葉に少し冷静になれました。

墨屋先生のボイトレでは丁寧に丁寧に教えていただき、パイプが通ったような感覚になりました。

発声のための楽器が良くて良すぎるということはなく、鳴らし方が良くて良すぎるということはなく。

意識の持ち方のポイントを教えていただくことで自信に繋がります。

そして「ナレーションってこういうもの」という思い込みのおそろしさ。

こっちが守、と分解して教えてもらわないとわかっていなかったことがボロボロ出てきて、

いかに「なんとなく」で捉えていたかが日に日に浮き彫りになります。

毎度お会いするたびに墨屋先生の立ち居振る舞いを少しは見習わなければ…と思います。

色々なお話から、すでにすべての答えをいただいているような気持ちにはなっているのに

過去に言われた様々なこと、

(怖い、暗い、冷たいよね、俺のこと好きじゃないんでしょ等)

突き詰めると自分の自信のなさにぶつかります。

そんなときに猪鹿蝶ナレーターメルマガを読んでいて

ちょっと泣いちゃうくらい染みました。

もしかしたらまだ読んでいない人もいるかな?と思うのでリンクを貼ります。

<a href=“https://narratormail.schoolbirds.jp/cn1/cn1_9/gokuboso9_2.html”>

極細木スガ子の
きっぱり言うわよ!

[ 第1部 新人編 ]  第9夜

僕の中にある柔らかい部分

後編

</a>

はるか昔ジオシティーズで初めてのホームページを作った民なので

htmlタグを貼りましたが反映されない場合はぜひ検索からご覧ください。

花でいうとひまわり🌻果物でいうとパイナップル🍍の秋16期コア・ヤスクニアイナでした。

どうも、バーズの壇蜜です

モードクラスの本多です🙋‍♀️
12月入った瞬間、気温ががくっと下がりましたね!新しいヒーターを購入しましたが、寒さで肩がどんどん上にあがって首がなくなりそうです🙃❄️

さて先週は逸見先生によるナチュラル・ウィスパーの授業でした!
ウィスパーで読むのは完全に初めてで、探り探りながらも自分の思うウィスパーで読んでいきました。

予想以上に難しく、1回目かなり苦戦しました。
普段読むような感じで軽めに声を出して、そこに息を足していく感じを実践すると、少し響きが増しました。

響かせようとすると変に力が入ってしまうのですが、ウィスパーの時は特に肩の力、喉の力を抜くことが大切だと分かりました。

「甘くて艶っぽい声(!)だからこれを活かすのであれば声がもっと響くといいね」と言っていただき、これはぜひ極めたい!と思いました🙋‍♀️

ウィスパーで読むことで自分の課題が浮き彫りになりました。滑舌に意識が回らなくなってぼやぼや喋ってしまいましたが、ウィスパーのまま滑舌練習をする事で解消されると教えていただきました。

お風呂でさっそく練習しました🛀
将来的に武器にしていけるくらい頑張りたいです!

来週もよろしくお願いします¨̮♡
本多桃子

お嬢、【戦略】と【ナチュラル&ウィスパー】を受講

年賀状の準備、いつから始めますか?お嬢こと前田幸です。ごきげんよう。

さて、今回のブランディングの講師は義村学長

「戦略」の授業です。

ナレーターの戦略とは?ナレーターのビジョンは?の、お話しと

顧客/競合/強みなどの戦略について。

【戦略】というタイトルから、一瞬でも油断したら置いていかれちゃうかも!と震えていたお嬢ですが

実は今回この戦略の授業がバージョンアップしたそうで、OBOGの方々も聴講にいらしていて。

笑いの絶えない和やかなムードで進んでいき、充実の時間を過ごすことができました。

授業の中で、ペアになりお互いの長所を3つ挙げるというものがあったのですが、

お嬢、人の良いところ探すの得意かもしれない!と新たな自分の長所も発見!

元々、自己肯定感エベレスト級女子なのですが

自分を褒めてあげられる事がまたひとつ増えてホクホクです!ウレシー

そしてブランディングの後はモードの授業「ナチュラル&ウィスパー」

講師は逸見さんです。

一人ずつブースに入り、リテイクしたりしながら原稿読み。

その中で良かったものと最初のものを聴き比べたりしました。

私へのダメ出しは

「そのプレイはザ・ウィスパーだけど熾烈な争いに身を投じることになる。もうひとつウィスパーのチャンネルを創設!」

自分がウィスパーだと思っていたものは合っていたという安心感と

チャンネル創設ぅぅ!!という使命感。

よっしゃ!の気持ちで満たされて帰宅しました。

ウィスパーの練習はお風呂が良いですよ〜と教えてもらったので

普段シャワーばかりですがこれからは湯船に浸かるのも習慣になりそう!

嬉しいことだらけです。

おすすめの入浴剤があるよ〜という方、教えてくださいな。

以上、お嬢こと前田幸でした!

「風呂でのお楽しみ」

秋16期モードの勝田香子(かつたきょうこ)です。

逸見友惠先生「ナチュラル&ウィスパー」を受講しました。
ナチュラルもウィスパーもなんとなくわかるような…わからない、
未知の世界。

前回授業の際、「当日授業で修正するからなんでもいい、まずは自分でやってみて」とのこと。
わからないながら、工夫するのも楽しみました。
逸見さんはもちろん、これがナチュラルやウィスパーかしら、という女優さんやCMのナレーションを聞いたり、
ボサノバやジャズ、ヒーリングミュージックをかけながら読んだらそれぞれどうなるかしら、とやってみたりしました。

さて、授業では…
ブースで実際にマイクと向き合って録音し、それを聞き返しつつ教わります。
自分を含めて多くの受講生に共通するのは、
原稿を読むより、アドバイスに返事をしたり話しているときの声の方がよいということ。
逸見さんも授業を通して、
「自分の声を出す」「自分の響きを見つける」「自分の真ん中のウィスパーを」「自分の一番楽なところで」
などと、「自分の」ということをおっしゃっていました。
唯一無二の自分。

・マイクとの相性、ミキサーさんと仲良くするのも肝
・いい声を出そうとか、きれいに読もう、はない方がいい
・体がつらいと響かなくなる
・無理をしない
・ウィスパーにも内向き外向き、声の艶など、組み合わせでパターン分けできる
などなど、多くのポイントを教えてもらいました。

練習場所として一番いいのはお風呂だそう。
ちょうどゆっくり温まりたい季節にぴったりです。